ラテンアメリカの暗号通貨ホルダーは、BinanceとCoinbaseのSEC規制強化に続いて、Bitget Exchangeに移行しています

米国証券取引委員会(SEC)が主要な暗号通貨取引所であるバイナンスとコインベースに対する取り締まりを強化した後、ラテンアメリカの暗号通貨の所有者たちは、暗号派生商品取引所のBitgetに新しいアカウントを登録することで、この動きに反応しました。

先日、アメリカの規制当局は、世界最大の暗号通貨取引所であるバイナンスおよび最大のアメリカの暗号通貨取引所であるコインベースに対して訴訟を起こしました。

SECは、13件の訴因をバイナンスおよびその米国拠点の関連会社に対して提起しました。これらは、登録していない取引所として運営しているという非難や、顧客に未登録の証券を提供しているという非難などが含まれます。また、同様の非難をコインベースにも提起しました。

規制当局が2つの主要な米国の取引所をターゲットにする中、ラテンアメリカの暗号通貨所有者は、その他の取引所の中でもBitgetに資金を移す努力を強化しています。地域の新規ユーザーは、6月6日から9日までの間に平均日数に比べて43%増加しました。大陸で最も多くの人口を抱えるブラジルとアルゼンチンが市場シェアの成長をリードしました。Bitgetの広報担当者はKocooに語りました。

ラテンアメリカの暗号通貨所有者が資金を移す

取引所が公開したデータによると、ブラジルのBitgetの新規顧客は54%増加し、預金総額は208%増加しました。同時に、アルゼンチンの顧客基盤は33%増加し、預金総額は87%増加しました。Bitgetの数字によると、過去数日間、同取引所の地域内の総預金は134%増加しました。

Bitgetのマネージングディレクター、Gracy Chenは、「暗号通貨業界はまだ非常に新しく、近年急速な成長を遂げています。香港、ドバイ、シンガポールなどで好意的な政策が実施され、新たな機会が生まれています。したがって、我々は、産業が現代経済の中で最も強いものの1つとして自己を確立するために、時間が経過するにつれて事態が落ち着くと確信しています。」とコメントしています。

注目すべきは、先週、暗号通貨の億万長者たちがバイナンスとコインベースに対するSECの取り締まりの結果として大きな損失を被ったことです。バイナンスのCEOであるChangpeng Zhao氏(CZとも呼ばれる)は、約14億ドルの純資産が減少し、260億ドルに縮小しました。同時に、CoinbaseのCEOであるBrian Armstrong氏は、Bloombergのデータによると、361百万ドル、22億ドルに減少しました。

2018年に設立されたBitgetは、約800万人の登録ユーザーを持ち、取引所の日間取引高はビジネスからのデータによると約100億USDTです。ラテンアメリカのユーザーの人気を高めるために、Bitgetは2022年10月に、現在同社のアンバサダーを務めているアルゼンチンのスーパースターサッカー選手リオネル・メッシと提携契約を締結しました。