最新のCardanoノードアップグレードがメインネット上で稼働開始

開発者によって、ネットワークユーザーのためにCardanoブロックチェーンをスムーズにするためのエポック遷移を減らすアップグレードが月曜日にリリースされました。

エポックとは、Cardanoブロックチェーン上の時間区間を指します。各エポックは432,000スロット続き、各スロットは1秒間続くため、単一のエポックは約5日間続きます。これらのエポック中にADAトークンがステーキングされ、Cardanoネットワーク上で新しいブロックが作成されます。

アップグレード8.1.1は、エポック計算方法を変更し、エポックの変更中にネットワークプロセスを高速化する方法を変更します。

このアップグレードには、ピアツーピアネットワーク通信とCardanoベースのドメイン名システムに関連する問題の修正も含まれています。

CoinGeckoによると、ADAの価格は過去24時間でほとんど変わらず、火曜日のヨーロッパ時間に25セントで取引されています。

Oliver Knightによって編集されました。