Moody’sによれば、暗号通貨規制における両党の支持不足は、米国を企業にとって「魅力的でなく」する可能性があります

クレジット・レーティング機関ムーディーズの投資家サービスは、デジタルアセットに焦点を当てた立法を両党の米国議員が支援しなければ、投資家や企業が他の暗号通貨にフレンドリーな管轄地域に向かう可能性があると報告しました。

ムーディーズは6月20日のレポートで、米国の民主党と共和党がデジタルアセットに焦点を当てた法律を扱う方法における主要な違いに言及し、ステーブルコインに関する法案とデジタルアセットの包括的な枠組みを提供する法案の競合する言語に特に言及しました。議員の多くの問題は、ステーブルコインの規制が連邦または州レベルで監督されるかどうか、および多くの暗号通貨企業が2022年に破産したことに対処するためのものです。

「消費者保護とデジタルアセットの調和した枠組みの必要性について合意しているにもかかわらず、民主党と共和党はこれらの目標をどのように達成するかについて異なる見解を持っています」とレポートは述べています。「両党の合意に達することができず、デジタルアセットに特化した立法を進めることができなかった場合、多くの他の管轄地域が包括的な規則を進めている状況の中で、米国は […] 企業や投資家にとって比較的魅力的でなくなる可能性があります。」

関連記事: ムーディーズ、SECの訴訟の「不確実な影響」を引用し、Coinbaseの格付けを引き下げ

ムーディーズは、共和党を代表することが多い下院金融サービス委員会委員長のパトリック・マクヘンリー氏と、民主党を代表することが多い委員会のランキングメンバーであるマキシン・ウォーターズ氏の間でデジタルアセットに関する対立する見解に言及しました。両者はデジタルアセットの未来に関する6月13日のヒアリングで、それぞれの懸念について話しましたが、ムーディーズは「暗号通貨に関する枠組みの開発について、さらに強い政治的な意見の相違が明らかになった」と述べています。

「民主党の一部の人々は、提案された法案が消費者保護と詐欺防止について不利な影響を与える可能性があると懸念しています。 […] 両党が合意に達するための道筋は非常に不確実であり、議会でのさらなる議論が予想されます。」

多くの暗号通貨企業はすでに、規制上の明確さの欠如を理由に米国の議員を批判しており、国外への移動が最善の選択肢であると示唆しています。米国に本拠を置くCoinbaseの役員は、証券取引委員会からの訴訟に直面しており、5月には、地域を「戦略的な拠点」として利用する可能性があるアラブ首長国連邦を訪れました。

マガジン: 意見:GOPクリプトマキシストは、デムの「反クリプト軍団」とほぼ同じくらい悪い