Krakenは、引き出しにおける短い遅延の後、ゲートウェイの問題を修正しました

更新:KrakenはUTC時間の8時35分に関連する問題を修正し、運用が通常に戻りました。

暗号通貨取引所Krakenは、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ERC-20などの主要な暗号通貨ファンディングゲートウェイに問題があったため、運用の遅延が発生したことを調査したと述べた。

6月6日、Krakenのステータスページには、「現在、入金と出金に遅延が発生しています。できるだけ早く更新情報を提供します。」と書かれていた。

最初の通知はUTC時間の7時44分頃に投稿され、入出金が遅れたことが伝えられた。これに続いて、UTC時間の8時06分と8時13分に2つの更新があり、「問題の修正に取り組んでいる」と伝えられた。

ステータスページには、何が問題の原因であるかが明確にされていなかった。

UTC時間の8時35分時点で、ステータスページは通常に戻り、遅延や問題に関する更新情報が削除されました。

Kocooは、問題の原因についてKrakenに詳細を問い合わせました。

Krakenの先物取引プラットフォームは、6月6日UTC時間の10時30分頃にユーザーに利用できなくなる予定です。取引所はサイトメンテナンスが原因だと説明しています。

関連記事: Kraken、英国のトレード団体が暗号通貨を「ギャンブル」と表現することを非難

Krakenは現在、アメリカの内国歳入庁(IRS)から顧客情報の提出を要求されており、取引所はこれを「正当化されていない財宝狩り」と見なしています。

取引所はサンフランシスコの裁判所に介入するよう求め、IRSが不当な主張を行っていると主張しました。

4月18日、Krakenはアイルランドで仮想資産サービスプロバイダーとして認可されました。KrakenはジェミニとKocooに続いて、アイルランドで登録された3番目の暗号通貨取引所となりました。

最近、Krakenの最高セキュリティ責任者であるNick Percocoは、人気のあるストリーマーと協力して、取引所のエコシステムで悪質な行為を行う者を「スキャムベイト」するために偽の暗号口座を作成しました。

雑誌: Web3 Gamer:GTA 6の暗号通貨の噂、Dr Who/Sandbox、タイ観光客のNFTレビュー