「クラーケン、株式およびETF取引を検討中、暗号通貨取引所では初」

Kraken considering stock and ETF trading, a first for a cryptocurrency exchange.

Krakenは、規制承認を待って、株式およびETFの取引オプションの追加を検討しています。写真提供:PiggyBank on Unsplash

サンフランシスコに拠点を置く暗号通貨取引所Krakenは、ブルームバーグの報道によれば、株式および上場投資信託(ETF)を取引プラットフォームに追加することを検討しています。

2024年初旬を目途にこの動きを実施する予定で、Krakenは暗号通貨以外の取引オプションを提供する最初の暗号通貨取引所となります。

ブルームバーグは、この件に詳しい匿名の情報筋を引用し、新しいサービスはアメリカとイギリスの両方で取引可能になると報じています。この動きは、Krakenが最近証券取引委員会(SEC)の告訴を解決したことに伴い、アメリカで増え続ける規制監視の中で行われます。

Krakenと暗号通貨取引所への新たな展望

他の暗号通貨取引所とは異なり、KrakenはRobinhoodやWealthsimpleのような従来の取引プラットフォームの領域に進出する計画です。これらのプラットフォームでは株式とともに一部の暗号トークンの取引が提供されています。Krakenの新しいサービスは、Kraken Securitiesという最近設立された部門によって構築されます。

同じブルームバーグの情報筋によると、Kraken Securitiesはイギリスで必要な規制許可を既に取得していますが、アメリカでの承認はまだ保留中です。

「Krakenは常に暗号通貨のグローバルな普及を推進する方法を検討しています」と、広報担当者はCoinDeskに語りました。「噂や憶測についてコメントすることはできませんが、クライアントがKrakenのフル製品スイートに安全かつシームレスにアクセスできるように、当社の提供を広げて強化しようとしています。」

規制上の障壁と以前の挫折

Krakenの野心的な拡大計画には課題があります。この暗号通貨取引所は、SECの告訴を解決するために暗号ステーキングサービスを終了し、3000万ドルの罰金を支払いました。

この取引所は、アメリカ以外の国々での拡大を図るための取り組みを強化しています。最近の進展として、Krakenはスペインで仮想資産サービスプロバイダーの登録を取得し、スペインの居住者に対して暗号通貨取引と保管ウォレットサービスを提供しています。

Krakenの株式市場への参入は、暗号通貨と従来の資産のミックスを提供する既存のプラットフォームに対する直接的な挑戦と見られています。

以前、FTXのアメリカ支部は破産する前に株式取引オプションを提供していました。もしKrakenが成功した場合、他の暗号通貨取引所が資産クラスを拡大し、暗号通貨市場と株式市場の両方での競争が増える前例を作ることになります。

この事業の成功は、取引所が規制上の課題に対処し、必要な承認を確保する能力にかかっています。特に、最近の挫折を経験したアメリカでの承認が重要です。

Kraken Securitiesがこのイニシアチブを先導することで、暗号通貨取引所は進化する金融エコシステムに参入し、従来の資産取引とデジタル資産取引の境界がますます曖昧になっている状況を迎えることになります。