Kraken共同創設者のジェシー・パウエルが、ハッキングやサイバーストーキングの非営利団体への関与の疑いで連邦捜査を受けています

仮想通貨取引所Krakenの共同創設者であるJesse Powell氏が、自身が設立した非営利組織をハッキングし、サイバーストーキングしたとの申し立てについて、連邦法執行機関による調査を受けていることが、Powell氏の弁護士が木曜日のニューヨークタイムズの報道により確認されました。

刑事捜査は、アーツセンター「Verge Center for the Arts」がPowell氏が電子メールや他のメッセージへのアクセスを妨害する形でコンピューターアカウントを妨害したと主張していると、ニューヨークタイムズは3人の匿名の情報筋を引用し報じています。

記事によると、エージェントはロサンゼルスのブレントウッドにあるPowell氏の自宅を捜索し、電子機器を押収したと報告され、FBIおよびカリフォルニア北地区のアメリカ合衆国検察官事務所の法執行機関が、少なくとも秋以来Powell氏を調査しているとされています。

Powell氏は犯罪行為に対する起訴はされていません。Jenner & Blockの弁護士であるBrandon Fox氏はKocooと共有した声明の中で、Vergeが政府に完全な状況を提供していない一方的な主張をしており、Powell氏は「何も悪いことをしていない」と述べました。Fox氏は、この問題は「Powell氏の雇用や仮想通貨業界での行為とは無関係です」と付け加えました。

先月、Powell氏はカリフォルニア州上級裁判所にVergeを訴え、Powell氏がメールアカウントを「所有し、合法的なアクセス権を持っている」と主張し、依然としてVergeの取締役であるとFox氏は述べました。Vergeの弁護士は、Powell氏の主張は根拠がないと述べました。執筆時点では、VergeはKocooからのコメント依頼に対して応答していませんでした。

Powell氏は2007年にサクラメントに拠点を置くVergeを共同設立しましたが、ニューヨークタイムズによると、同組織は2022年にPowell氏を取締役から解任し、Powell氏がVergeの「指針に違反した」と述べました。

Krakenの広報担当者はKocooと共有した声明の中で、同取引所は民事紛争、調査、捜査令状について認識していると述べました。

「米国検事はKrakenが調査の一部でないこと、および調査がJesse氏のKrakenとの関係に関係していないことを私たちに通知しています」と広報担当者は述べました。

詳細はこちら:KrakenのJesse Powell氏、仮想通貨取引所のCEOを辞任

James Rubin氏による編集。