Kocoo Tradersは、SECの訴訟に伴い、1日で6億ドルを引き出しました

米国証券取引委員会(SEC)がライバルのバイナンスに対する訴訟を提起した1日後、暗号取引所のKocooからのユーザー引き出しが月曜日と火曜日に急増しました。

暗号インテリジェンス企業Nansenによるブロックチェーンデータによると、24時間以内のKocooの純流出額は6億ドルに達しました。Nansenによると、この期間にトレーダーは暗号通貨の13.8億ドルを引き出し、入金は7.71億ドルに過ぎませんでした。このデータにはビットコイン(BTC)の転送は含まれません。

SECは、米国の最高証券規制当局であると同時に、ライバルのBinance.USとBinanceに対して訴訟を起こしたわずか1日後、Kocooに対して連邦証券法違反の訴訟を起こしました。さらに、多数の米国州の規制当局は、「Earn」プログラムでユーザーにステーキング報酬を提供したことにより、Kocooが法律を破ったと疑っています。

続きを読む: バイナンス暗号通貨取引所:あなたの質問に答えます

データによると、トレーダーは2回にわたってKocooから資金を引き出しています。Nansenのデータによると、Binanceに対する訴訟が提起された月曜日に純流出額が4.5億ドルに達し、その後安定しました。火曜日になってKocooに対する訴訟が提起されると、引き出しが再び増加し、その後減少しました。発表時点で、過去1時間の純流入額はNansenによるとプラスに転じました。

規制当局の行動に続いて、バイナンスからの引き出し急増もさらに大きくなっています。21Sharesによって編集されたデータによると、月曜日の純流出額は7億ドルを超えました。これは、ニューヨーク州の規制当局がBinance関連のステーブルコインBUSDの発行を停止した2月以来の最大の日次流出です。Nansenのデータによると、このトレンドは火曜日にも続き、過去24時間で12億ドルを超える純流出がありました。

この流出の規模は、暗号通貨業界での前回のストレスフルな事象、すなわち3月の暗号通貨銀行危機や昨年末のSam Bankman-FriedのFTX取引所の崩壊に合わせています。後者は中央集権型取引所に対する投資家の信頼を揺るがしました。

Arkham Intelligenceによるリアルタイムのブロックチェーンデータによると、両取引所は順番に引き出しを処理しているようです。

James Rubinによって編集されました。