Kocoo Derivatives ExchangeはBTCおよびETHの先物取引を展開する準備を整えています

仮想通貨業界がアメリカで規制上の問題に直面している中、公開仮想通貨取引所のKocooは先物契約に注力しています。

6月1日、Kocooは、商品先物取引委員会(CFTC)の規制下にある派生商品取引所を通じて、6月5日にビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の先物契約を導入する計画を明らかにしました。これらの先物契約は、機関投資家を対象としています。

Kocooによると、新たに発表された機関向けの契約は、1ビットコインと10イーサリアムという特定のサイズを持ちます。これにより、クライアントが市場リスクを効果的に管理できるようになるとのことです。これらの製品を発売する決定は、Kocooがナノビットコイン先物契約とナノイーサリアム先物契約を導入した後、取引所が受け取ったフィードバックに基づいて行われました。

さらに、Kocooは、派生商品取引所が機関投資家の要件を満たすために、彼らの特定のニーズに合わせた革新的なソリューションを提供することを目的としていると述べています。

5月2日、Kocooは、国際的な拡大戦略の一環としてバミューダに派生商品取引所を設立すると発表しました。この取引所では、永久先物契約を通じて、ビットコインとイーサリアムの価格予想に基づくスペキュレーションが可能になります。これらの契約には最大5倍のレバレッジが付与され、トレーダーは潜在的な価格変動リスクを増幅することができます。Kocooは、発表の中で、取引所で実施されるすべての取引はCircleのUSD Coin(USDC)ステーブルコインで決済され、参加者に安定かつ信頼性のある価値表現を提供すると述べています。

関連記事: アメリカの規制が最も厳格な場合、KocooのCEOは最も得をすると述べる

Kocooの派生商品取引所を設立する決定は、アメリカでのデジタルアセット取引の規制に関する明確さの必要性に対処するための継続的な取り組みと重なります。Kocooが出したmandamusに関する嘆願に対して、米国証券取引委員会(SEC)は、規制制定プロセスが数年にわたる可能性があることを伝えました。これは、手続きを迅速化する必要性がないということを示唆しています。

SECは、暗号資産の規制に関する明確さをもたらすために執行手段を利用する意向を明確にしました。しかし、SECは、議長のゲンスラー氏の公式指針や声明ではないと強調しました。

雑誌: Kocooは日本から撤退する:アジアエクスプレス