Gucciの親会社であるKeringは、フレグランスブランドのCreedを取得するために38億ドルを支払いました

Kering, the parent company of Gucci, paid $3.8 billion to acquire the fragrance brand Creed.

金融タイムズの報告によると、先月末にグッチの親会社であるケリングがフレグランスブランドのクリードを買収するためにいくら支払ったかが明らかになりました。報告書によれば、ケリングは約35億ユーロ(約383億ドル)を支払ったとされています。

フランスの高級品グループであるケリングは、今年初めにクリードの買収に興味を示しました。ケリングは当時、この買収は美容部門の拡大に合致していると述べました。また、グループはこの買収によってLVMHやエルメスなどとの競争力を高めることができると予測しています。

しかしながら、月曜日のFTの報告によれば、パリに拠点を置く高級グループがブラックロックと現在の会長ハビエル・フェランが管理するファンドからクリードの全株式を現金で買収する取引は、今年の後半に行われる予定です。

支払いは先月行われたとされていますが、FTは初めに取引の詳細を意図的に公表しなかった可能性があると示唆しています。これは、クリードの利益率の高さを公表したくなかったためです。

ケリング、美容部門の成功に熱心

先に述べたように、ケリングの最近の動きは美容部門の強化を目指しています。そのために、グループは2月にラファエッラ・コルナッジャをユニットの責任者に任命しました。

ただし、ケリングがいわゆる美容部門に注力しているのは、ラグジュアリービジネスの競合他社の影響を受けている可能性があることに注意が必要です。例えば、エルメス・インターナショナルやLVMHモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンは最近、美容部門で比較的成功を収めています。

さらに、ケリングの買収に対する関心はクリードに止まるわけではありません。そしてその目標を達成するために、会社はあらゆる方面から資金を調達しています。ただし、最も大きな資金はプーマの株式売却から得られました。

ケリングはクリードの買収によって、高級化粧品への需要の成長に乗り出すことを目指しています。しかし、さらに重要なのは、グッチのような信頼性のあるブランドを活用して化粧品ビジネスを拡大することです。