「ケニア当局、Worldcoinをスパイ行為と国家の脅威と非難」

Kenyan authorities condemn Worldcoin as espionage and a national threat

出典:Pixabay

ケニア当局は、ワールドコインがスパイ行為を行い、国家の安全に脅威を与えていると非難しています。

ケニアの臨時委員会による継続的な調査から、ワールドコインの活動に関する懸念が公に提起されたことを受けて、この非難が浮上したと現地メディアが報じています。

ワールドコインは、仮想通貨トークンと引き換えにケニア市民の虹彩をスキャンしてデータを収集するという主張されるデータマイニングの実践について、厳しい批判を受けています。

このアフリカ諸国は、今年の8月にワールドコインの活動を一時停止しています。

この物議を醸した作戦は、2021年5月からナイロビのモールや教育機関を含む30の場所で実施されたと報じられています。

当局、ワールドコイン親会社への調査を要求

ナロク・ウェスト選出の議員ガブリエル・トンゴヨを指導者とする委員会は、ワールドコインに関連する2つの外国企業、Tools for Humanity(TFH)株式会社およびTools for Humanity(TFH)Gmbhに対して、ケニアの刑事調査局による徹底的な調査を要求しました。

これらの企業は、ケニア内で違法に営業しており、データ保護法、消費者保護法、コンピュータ不正利用およびサイバー犯罪法を違反している疑いがあります。

ただし、これらの外国企業はケニアの登記事務所の登録企業または会社データベースに登録されておらず、国内での営業の法的許可に関して疑問が生じています。

報告書によると、ワールドコインのデータコントローラーとしての登録申請は2022年8月22日に行われましたが、既に1年前にケニアでの活動を開始していたとのことです。

ケニアの当局によれば、これは2019年のデータ保護法に違反しています。

ケニア当局、ワールドコインが市民のデータをどのように保管しているか疑問視

ワールドコインの活動に関する主要な懸念の一つは、リアルタイムの虹彩画像の送信であり、これらはデジタルコードに変換され、会社の海外にある第三者サーバーに送信されます。

ワールドコインは、収集されたデータが南アフリカにあるAmazon Web Servicesで安全に保管されていると主張していますが、必要な時にこのデータを取り消しまたは削除できるかについては不確実性が残っています。

個人データのケニア外への転送がデータ保護法の第48条に適合しているかどうかについても疑問が提起されています。

調査によれば、ワールドコインに約35万人のケニア人が登録していたとされていますが、政府が2023年8月2日にその活動を停止させました。

規制当局の反発にもかかわらず、ワールドコインは世界中で記録的な数の新規登録を続けています。