裁判官は、上告容疑についてSam Bankman-Friedを別個に起訴するかどうかを検討する予定です:報告書によると

元FTXのCEOであるSam Bankman-Fried(SBF)の刑事訴訟を2つに分ける提案を検討中のアメリカの連邦裁判所の判事に対し、検察当局からの申し立てがあったと報じられています。

ウォール・ストリート・ジャーナルの6月15日の報道によると、ニューヨーク南地区連邦地方裁判所のLewis Kaplan判事は、SBFの刑事事件において、元FTX CEOの法律チームからの創造的な主張があった後、起訴を却下するか、または分離するかを検討しているとのことです。Bankman-Friedの弁護士は、2022年にバハマから米国への引き渡し文書に含まれていなかった起訴に直面するべきではないと主張する動議書を提出しました。

SBFの元の起訴状には8つの刑事訴因が含まれていましたが、2月の補足起訴状と3月の追加起訴により、総数は13に増加しました。裁判官が裁判を分離すれば、Bankman-Friedは、中国政府関係者に賄賂を与えたとされる追加の起訴と、FTXとAlameda Researchの詐欺に関する他の問題に焦点を当てた1つの裁判に直面することになります。

米国司法省の検察官は、10月に元の起訴状に基づいてSBFを裁く準備ができており、残りの5つの訴因のプロセスはKaplan判事によって決定される予定です。ウォール・ストリート・ジャーナルは、裁判官が裁判前にいかなる刑事訴因も完全に却下することはないと示唆したと報じています。

関連記事:FTXは「貴重な」顧客リストの公開が売却価値に悪影響を与えると主張

2022年11月に暗号資産取引所FTXが崩壊し、顧客資金の不正使用の疑惑が浮上した後、Bankman-Friedは司法省によって起訴され、バハマから米国に引き渡されました。SBFはすべての起訴に対して無罪を主張しており、保釈条件の一環として主に両親のカリフォルニアの自宅に制限されています。

元Alameda Research CEOのCaroline EllisonとFTX共同創業者のGary Wangは、FTXとAlamedaの間の金融的な絡み合いに関する訴因で有罪を認めました。FTXの破産事件もデラウェアの裁判所で進行中です。

雑誌:FTX崩壊後、暗号資産取引所を信頼できるか?