「サム・バンクマン・フリード氏の裁判中の一時的な釈放を裁判官が否認」

Judge denies temporary release of Sam Bankman-Fried during trial.

サム・バンクマン・フリードは、裁判の間、刑務所に留まる必要があると、連邦裁判官が木曜日に判決を下しました。元FTX創業者は、裁判の準備のために材料を十分に見直す時間をすでに持っていると述べました。

裁判を管理しているルイス・A・カプラン裁判官は、「(弁護士の)主張には完全には納得していません」と述べました。「彼らはここで冷たく入っているわけではありません」と付け加えました。

バンクマン・フリード氏の主弁護士であるマーク・コーエンは、彼が前FTX CEOと話し合うのに「ほとんど時間がない」と述べ、今「適切な時期」であると述べました。

バンクマン・フリード氏の弁護士たちは、既に2度の保釈申請を敗訴しています。それでも今週再び試み、裁判終了後に前FTX役員との協議の機会がないと主張し、バンクマン・フリード氏が同意するであろう厳格な制限を提案しました。制限には常に監視され、コンピューター、電話、その他の電子機器へのアクセスが制限されるというものです。

検察官たちは、昨日の提出書類で反論し、バンクマン・フリード氏と彼の弁護士が一時的な保釈が「必要」と証明する証拠の負担を果たしていないと述べました。さらに、バンクマン・フリード氏を監視するために警備員を配置するという提案計画は、一時的な保釈の法的要件を満たしていない可能性があると述べました。

コーエンは法廷でバンクマン・フリード氏が脱走の危険性を持っていないと主張すると、カプラン裁判官は自身の考えを述べました。「私もそれを考えたことがあります」と裁判官はバンクマン・フリード氏の弁護士に告げました。「あなたのクライアントは非常に長い刑罰を受ける可能性があります」と付け加え、バンクマン・フリード氏はまだ31歳と比較的若いと述べました。「事態が暗く見える場合…もし彼がその機会を持てば、逃亡を試みるかもしれません」と述べました。

編集:アオヨン・アシュラフ。