報告書によると、裁判官はBankman-Fried氏が詐欺訴追の中で重要な文書を取得しようとする試みを阻止しました

FTXの共同創業者であるSam Bankman-Fried氏は、現在連邦詐欺事件で起訴されている中、シリコンバレーの法律事務所であるFenwick & West LLPから文書を入手するための請求を却下されたとBloombergが報じました。Bankman-Fried氏は、現在起訴されている行動に従事する際に法的アドバイスに依存したと主張するために、これらの文書を使用したかったのです。

最近、Bankman-Fried氏の法的チームは、事件を監督している裁判官に接近し、Fenwick & Westから得られた文書を提出するように告訴側を促したり、召喚状を通じて直接入手することを許可するよう求めたりしました。しかし、米国地方裁判所判事のLewis Kaplan氏は、正当化されない”フィッシングエクスペディション”と呼び、請求を却下しました。

Bankman-Fried氏の法的チームは、彼がFenwick & Westから提供されたアドバイスに依存していた旨主張することを計画していました。Bloombergは、この戦略が、故意的な法の破壊の主張に対抗するために、犯罪被告人によってしばしば使用されることを指摘しています。

Fenwick & Westの顧問は、暗号化されたメッセージングアプリの使用、FTX幹部への数百万ドルの融資、および米国銀行規制の遵守など、Bankman-Fried氏の弁護士が彼らのクライアントに対する起訴に不可欠だと主張する様々なトピックをカバーしていたと報じられています。

関連記事: 米国議員、Sam Bankman-Fried氏の逮捕に関連する書類に関するSECからの回答を求める

現在2つの刑事裁判に直面しているBankman-Fried氏は、FTX顧客資金の数十億ドルの横領を含む複雑な詐欺計画を企てたとされています。これらの資金は、高リスクの投資、個人的な支出、さらには政治献金に使用されたとされています。

6月22日、FTXはデラウェア地区の米国破産裁判所で訴訟を起こし、同社に関連する投資会社から7億ドル以上を回収することを目的としました。この訴訟は、K5 Global、Mount Olympus Capital、SGN Albany Capital、およびこれらの関連会社、K5共同オーナーのMichael Kives氏とBryan Baum氏を対象としています。FTXは、シェル会社を通じて、Alameda Researchという関連会社からこれらのエンティティに資金が移転されたと主張し、回収可能な取引としてこれらの資金を回収しようとしています。

マガジン:FTXの崩壊後、暗号通貨取引所を信頼できるか?