JPMorganのブロックチェーンプロジェクトが、ユーロ建て支払いを含めるように拡大されます

  • JPMorganは2019年にJPM Coinを立ち上げ、ブロックチェーン上で動作する代替支払いレールを提供することを目的としたライブブロックチェーンアプリケーションを開発しました。
  • JPM Coinは、JPMorganのOnyx Coin Systemsとして知られるブロックチェーンベースのプラットフォームの一部です。
  • ドイツの複合企業シーメンスAGは、ブロックチェーン上でユーロ建ての支払いを処理した最初の企業です。

Bloombergの報道によると、JPMorganは、JPM Coinというブロックチェーンベースの支払いシステムで法人顧客向けにユーロ建ての支払いを導入しました。

このニュースは、JPMorgan Chaseが2018年1月1日から4月23日までの47,000万通の電子メールを誤って削除したことに対して米国証券取引委員会に400万ドルの罰金を課せられた直後に発表されました。これらの電子メールは、2019年6月に削除されたと報告されています。米国の証券法によれば、銀行を含む金融機関は、営業記録を3年間保持する必要があります。

JPMorganのCoin Systems for Europe, the Middle East, and Africaの責任者であるBasak Toprak氏によると、JPM Coinは2021年6月21日からユーロ取引を受け付け始めました。Toprak氏によれば、このプラットフォームで最初のユーロの支払いを行ったのは、ドイツの複合企業シーメンスAGでした。

JPM Coin

JPM Coinは、2020年10月にJPMorganのOnyx Coin Systemsとして知られるブロックチェーンベースのプラットフォームの一部として発売されました。JPM Coinは、JPMorganのOnyxブロックチェーンの仮想通貨です。

これまでに、JPM Coinは3000億ドル以上の取引を処理し、従来の金融機関が最も使用しているブロックチェーンの1つとなっています。

JPM Coinにより、JPMorganの機関投資家は、世界中の口座間でブロックチェーンテクノロジーをレールとして使用して卸売りの支払いを行うことができます。

JPMorganのOnyx Coin Systems

JPMorganは、2020年にOnyx Coin Systemsを立ち上げ、卸売りの支払い取引の品質を向上させることを目的としています。

2023年4月現在、Onyxは、短期ローン取引で7000億ドル近くを処理しています。