次のビットコインのハルビングイベントは、マイナーにとってのストレステストになる可能性があります:JPMorgan

JPMorgan suggests the next Bitcoin halving event could be a stress test for miners.

ビットコイン(BTC)のハッシュレートは、次のハーフィングイベント(予定:2024年第2四半期)に先立ち、マイナー間の競争がエスカレートし、新たな歴史的な高値を記録し続けています。JPモルガン(JPM)は、木曜日に発表された調査報告書で述べています。

ハーフィングにより、発行報酬は6.25 BTCから3.125 BTCに削減されるため、「マイナーの収益が減少し、同時にビットコインの生産コストが増加する」と報告書は述べています。

「ビットコインのハーフィングは、生産コストが過去に床として機能してきたため、ビットコイン価格に対してプラスの影響を与えると見られていますが、ビットコインマイナーにとっては課題です」と、Nikolaos Panigirtzoglou率いるアナリストが述べています。

ハッシュレートは、ビットコインなどのプルーフオブワークブロックチェーンでマイニングとトランザクション処理に使用される合計の計算能力を指します。

JPモルガンは、電力コストの低いマイナーは生き残りやすくなる一方、電力コストの高いマイナーはハーフィング後に苦戦するかもしれないと述べています。

銀行は、電力コストが1キロワット時当たり1セント変動すると、ビットコインの生産コストが4,300ドル変動すると見積もっています。ハーフィング後、この感度は8,600ドルに倍増し、「高コスト生産者の脆弱性が増す」と述べています。

ハッシュレートの急激な上昇は、採掘リグの増加によるビットコインマイナー間の競争の増加を示していますと報告書は述べています。

報告書は、ハーフィングイベントの後もハッシュレートが同じペースで上昇し続けることはなく、「生産コストを上回るビットコイン価格の持続的な上昇や、発行報酬の削減を相殺する大幅な取引手数料の増加がなければならない」と付け加えています。

詳細はこちら:JPモルガンによると、低コストの電力と持続可能なエネルギーミックスを持つビットコインマイナーだけが生き残る

シェルドン・リーバックによる編集。