JPMorgan:Hinman文書がEthereumを促進し、分散化を改善する可能性がある

アメリカの金融サービス企業JPMorganは、元米国証券取引委員会(SEC)ディレクターのウィリアム・ヒンマンが2018年にイーサリアム(ETH)の規制状況に関するスピーチを行った際に関連するメールを含むヒンマン文書のリリースが、ブロックチェーン企業リップル・ラボとの訴訟において、Ethereumに与える重大な影響を強調しました。

報道によると、ヒンマンの文書には、金融規制当局の目にはETHが有価証券ではないとされている元SEC法人金融部門ディレクターの発言に関連するメールが含まれており、第2位の暗号資産を可能性を持って後押しし、スペースでのより大きな分散化への動きを引き起こすことができます。

元SEC法人金融部門ディレクターはスピーチの中で、金融規制当局の目には、イーサーは有価証券ではないと言いました。これは、SECが有価証券として分類しているXRPのSECの立場とは対照的です。

SECのリップルに対する訴訟は、同社が未登録の有価証券としてXRPを販売したと主張しています。先週、ブロックチェーンベースの企業は、SECの民事訴訟に対する防御の一環として、ヒンマンのメールを公開し、その議論の重要な側面を明らかにしました。

JPMorganのアナリスト、ニコラオス・パニギルツォグルは6月15日に発表されたレポートで、SECの役員たちは2018年にイーサリアムの法的地位に不確実性を抱えていたと述べています。レポートによると、ヒンマンの文書には、イーサーのような特定の資産が従来の証券の定義に当てはまらない「その他のカテゴリー」が存在することが認められています。

消費者の利益を保護するために規制が必要かもしれませんが、投資が証券として資格を有するかどうかを判断するために使用される法的基準であるハウイーテストによると、暗号資産は支配グループを欠いているため、証券と見なされていません。

さらに、これらの文書は、現在進行中の米国の議会の取り組みに影響を与え、暗号資産業界を規制する明確な枠組みを提供するよう努めています。

「ヒンマンの文書は、イーサーが証券として指定されるのを避けるために、暗号資産業界を規制する現在の米国議会の取り組みの方向を影響する可能性があります。」とパニギルツォグルは述べています。

JPMorgan、イーサリアムを商品として規制することを提案

JPMorganは、自社の調査で、Bitcoin(BTC)と同じカテゴリーにイーサリアムを置き、商品としてCommodity Futures Trading Commission(CFTC)の監督下に規制することを提案しました。昨年、Sens. Cynthia M. LummisとKirsten Gillibrandの2人の米国上院議員は、CFTCに商品カテゴリーに属する暗号資産を規制する権限を与えた法案に署名しました。

レポートによると、このアプローチは、SECの管轄外に位置する分散型暗号資産のようなイーサーを明確に対象とした新しい「その他のカテゴリー」を確立することになります。

さらに、レポートは、暗号資産の分散化レベルが証券として指定されるかどうかを決定する可能性があると述べています。

「新しい「その他のカテゴリー」は、イーサーやその他の分散型暗号資産を特定するために導入される可能性があります。暗号資産が分散化されるほど、証券として指定される可能性が低くなります。」と銀行は述べています。