JPEXの調査後、香港はすべての仮想通貨ライセンス申請者を公表する予定です

JPEXの調査後、香港は仮想通貨ライセンス申請者を公表する予定です

香港の証券監視機構、証券先物委員会(SFC)は、JPEXの調査を受けて、暗号通貨取引所のライセンス申請者のリストを公開する予定だと発表しました。この調査は、香港での複数の逮捕につながっています。

「JPEXの事例は、非規制の仮想資産取引プラットフォーム(VATP)との取引リスク、および市場信頼を維持するための適切な規制の必要性を示しています。また、アラートリスト、警告、投資家教育を通じた情報の普及は、投資家の皆様が不審なウェブサイトやVATPによる潜在的なリスクをより理解するのに役立つことも示しています。」とSFCは月曜日の声明で述べています。

先週、香港の行政長官であるジョン・リーは、投資家を保護するために暗号通貨プラットフォームがSFCからライセンスを取得する必要性を強調しました。

「私たちは、投資家がリスクを認識するためのより多くの公共教育を行う予定です。」と彼は当時述べました。

OSL Digital Securities LimitedとHash Blockchain Limitedのみがライセンスを受けています。

SCMPによれば、その他の4社がライセンスを申請しているとのことです-HKVAX、HKBitEx、Hong Kong BGE Limited、およびVictory Fintech Company Limitedですが、これらは比較的小規模かつ知名度が低いです。多くの主要な暗号通貨取引所は、香港でのライセンス取得の意向を示していません。

編集:Parikshit Mishra。