リップルのXRPの判決は、クリプト業界にとって「画期的な勝利」とJMP証券は述べています

JMP Securities describes the ruling on Ripple's XRP as a groundbreaking victory for the crypto industry.

訂正(7月17日、15:11 UTC): ストーリーの帰属をJMP Securitiesに訂正します。

アメリカ南部地区裁判所による暫定的な支持判決は、支払いネットワークのRippleにとって画期的な勝利であり、暗号通貨業界には何が証券とされるのか、何が証券とされないのかについての明確さを提供しています。投資銀行のJMP Securitiesは、金曜日に調査ノートで述べています。

「明確なルールのない業界における大きな資本の流入は控えめでした。関連する不透明な要素は、革新、採用、および全体的な暗号通貨のエコシステムの評価を遅らせてきたと考えています。過去1年間における規制措置の活発化と共に加速度的に」、アナリストは述べています。

「この判決は、業界にとって間違いなく画期的な勝利です。何が証券とされ、何が証券とされないかについての法的な明確さと防御を提供しており、その結果は業界内の多くの人々が主張してきたことに賛成です」と彼らは続けました。

詳細はこちら: RippleのXRPのサマリージャッジメントがCoinbaseにとってプラス、価格目標を120ドルに引き上げ:Needham

木曜日の判決により、米国の裁判官は、RippleのXRPトークンは、取引所やプログラムによる販売の場合には証券とは見なされないとの判断を下しました。

このニュースにより、暗号通貨の価格が急上昇しました。ビットコイン(BTC)は木曜日に3.6%上昇し、金曜日に1.4%下落しました。

Rippleの勝利は確かにポジティブですが、JMPはまた、SECがこの判決を控訴する可能性があり、将来的にも同様の事件を追求し続ける可能性があることも指摘しました。

「暗号通貨業界にとっては、一時的により強固な地位が確立されたと考えていますが、規制上の不確実性が単に消えるわけではなく、軽減されるだけです」とノートには記されています。

業界が最大の潜在能力を発揮するためには、まだ多くの未解決の法的問題が存在し続けているため、ワシントンD.C.の立法者や規制当局のトーンや進展を聞くことが重要です」とアナリストは続けました。