日本の国税庁は、仮想通貨スタートアップが未実現の利益に対して支払いをする必要はないと発表しています

暗号通貨とブロックチェーン市場は、世界中の多くの市場の経済成長の可能性の背骨になることが明らかになっています。今や、国々は暗号通貨とブロックチェーン産業が今後も継続することを明確に理解しており、Covid-19の壊滅的な被害を受けた後、その力を活用して経済を再建することは賢明だと考えています。日本は、懲罰的な規制のために米国から逃れる暗号通貨プロジェクトの多くにとって、特に重要な成長要因となっています。Rippleなどの暗号通貨プロジェクトは、RippleNetを含むクロスボーダー決済ソリューションを通じて、日本市場に大きな進出を果たしました。

日本規制当局、暗号通貨プロジェクトに幅広い扉を開く

分散型金融(DeFi)産業を通じた暗号通貨市場の流星的な成長に続き、日本政府は地元市場の巨大な可能性に投資家を引き付けることに熱心です。最近の暗号通貨のアップデートでは、国家税庁が自社製品の未実現の利益に対する支払いを免除する提案を承認しました。

基本的に、日本市場で運営されている暗号通貨プロジェクトは、地元市場に発行されたデジタルトークンについて約35%の未実現税金を支払うことが求められていました。文書は、税金の免除は、発行日から連続して適用可能な暗号資産を保有している場合、または他の人に転送されることを防止するための特定の技術措置を取った場合に適用されると追加しました。

日本政府は、規制されたデジタル資産取引所を通じて暗号通貨トレーダーが利益を得た後にのみ課税したいと考えています。同国の菅義偉首相によれば、暗号通貨市場は将来の改善のために金融市場を変えるチャンスがあります。このナラティブは、昨年の議会演説で、菅義偉首相が投資家に安心感を与えるために、国がデジタル技術の社会実装を支援し続けることを保証したことからも明らかです。

昨年初めに、現在の与党である自由民主党(LDP)は、Web3産業をデジタル経済の新しいフロンティアと呼び、主流採用のための国家戦略を進める計画をまとめたNFTホワイトペーパーを公開しました。

市場展望

FTXの崩壊以降、日本の暗号通貨市場は大きく回復しました。あらゆる種類の投資家を引き付ける手段として、日本はNFTやDAOを様々なガバナンスの側面で使用する取り組みをしています。さらに、日本の政府関係者は、メタバース産業が全体的なガバナンスを革新する可能性について詳細に調査しています。

また、政府関係者は、ブロックチェーン技術を介して安全なプラットフォームで仮想的に会議を開催できるようになり、全体的な効率を向上させることができます。