日本のステーブルコイン禁止が解除され、銀行は準備を進めています

長年待ち望まれた法律が本日発効したため、日本企業は安定通貨を発行することができるようになりました。

改正支払いサービス法は、2023年6月1日の深夜に公布されました。

法律の規定により、すべてのトークン発行企業は、自社のコインを裏付ける根拠となる資産を証明できる必要があります。

そして、規制された銀行、資金移動サービス提供業者、信託会社、その他の金融業界企業のみがこれらのコインを発行できます。

新しいマネーロンダリング防止規則は、配布業者が取引情報の記録を保持することを要求します。

しかし、銀行はこの分野に進出することを熱望していると考えられています。

新聞『日経新聞』は、GUテクノロジーズの近藤秀和氏の引用を掲載しました。

同社は、四国銀行などの地方銀行に安定通貨技術を提供しています。

近藤氏は次のように述べています:

「多くの地方銀行が安定通貨の発行を検討しています。」

業界関係者は、金融サービスプロバイダーが「デジタルコミュニティ通貨」を発行する可能性もあると述べています。

日本の銀行がなぜ安定通貨を発行したがっているのか

このメディアは、「国内発行の安定通貨の禁止」が「日本企業と海外企業間の支払いの効率を向上させることが期待されている」と報じています。

専門家は、B2B支払い市場の価値が約72億ドルであると考えています。

日本のメディア『CoinPost』は次のように報じています:

「[日本の]安定通貨がグローバルトランザクションの増加につながれば、多国籍企業間の支払いを容易にすることで手数料を稼ぐことができるようになるかもしれない。」

専門家はまた、安定通貨が国際送金やオンラインショッピング業界で使用される可能性があると述べています。

新しい法律は、暗号資産と安定通貨が根本的に異なることを規定しています。

アルゴリズムまたは暗号資産に裏付けられた「安定通貨」は、安定通貨として定義できないと規定されています。

さらに、ユーザー保護とコンプライアンスを保証するガイドラインが設けられています。

トークン発行者は、自分たちが「管理していないウォレット」への支払いの転送および償還を「停止できるようにすること」が義務付けられます。

この動向は、三菱UFJなどの日本の大手銀行にとって非常に興味深いものになるでしょう。

三菱UFJとそのパートナーは、今年3月に安定通貨の相互運用性パイロットプログラムを開始しました。

日本の中央銀行のトップも今年、安定通貨の可能性について話しています。

中央銀行のトップは、安定通貨が中央銀行デジタル通貨(CBDC)と「共存」できると主張しています。