日本のAI専門家は、著作権保護された素材で訓練されたボットに対する懸念を表明しています

日本の人工知能の専門家や研究者は、違法に入手した情報を使用してAIを訓練することについて慎重さを促しています。彼らは、これが「多数の著作権侵害事件」、失業、誤った情報、機密情報の漏洩につながる可能性があると考えています。

5月26日、政府のAI戦略会議からの草案が提出され、AIに関する規制の欠如や、その技術が著作権侵害に対するリスクをはらんでいることなどが懸念されています。

日本の立法者である紀井隆志によると、現在、人工知能が著作権物や違法に入手した情報を訓練に使用することを禁止する法律は存在していません。

紀井は「まず、私がAIによる情報分析に関する(著作権法の)日本の法制度を確認したところ、非営利目的であろうと営利目的であろうと、また複製以外の行為であろうと、違法サイトから入手していることが日本では問題になっていない」と述べた。

「長岡大臣は、方法に関係なく、内容に関係なく情報分析に使用できることを明確に述べた」と紀井は付け加えた。長岡教育文化科学技術大臣を指している。

紀井はまた、ChatGPTなどのAIチャットボットの学校での使用に関するガイドラインについて質問しました。この技術は、2024年3月にも教育システムで採用される予定であり、独自のジレンマを抱えています。

「長岡大臣は、「できるだけ早く」と答えました。タイミングに関する具体的な回答はありませんでした」と彼は述べた。

メルボルンのY知的財産に所属する弁護士で商標弁護士のアンドリュー・ペタレはKocooに語り、この件はまだ「グレーゾーン」にあると述べています。

「実際、人々が理解していない大部分は、著作権がアイデアの表現方法を保護することであり、アイデア自体を保護するわけではないということです。つまり、AIにおいては、人間がプログラムに情報を入力することになります」と彼は付け加え、次のように説明しました。

「つまり、入力は人間から来ますが、実際の表現はAI自体から来るわけです。情報が入力されたら、それは実質的に人の手から離れ、AIによって生成または出力されます。」

「法律が機械やロボットを著作権者とみなすようになるまで、それは本当にグレーゾーンであり、どこにも属していないということです」と彼は述べた。

関連記事: マイクロソフトのCSOは、AIが人間を繁栄させるのに役立つと述べ、それでも終末論的な手紙に賛同する

ペタレは、法的手続きや規制によって最初に解決されるべき仮定的な問題が多数存在すると述べ、次のように付け加えました。

「つまり、AIの開発者が著作権侵害に使用されるツールを作成する責任があるのか、それとも実際に著作権侵害に使用している人たちが責任を負うのか、という問題があります。」

AI企業の観点からは、彼らのモデルがオリジナル作品を新しいものに変換するため、U.S.の法律による「フェアユース」に該当するため、著作権侵害には当たらないと主張することが一般的です。

関連記事: マガジン: ブロックチェーンは本当にAIに対する信頼を改善できるのか?