「2年間の調査の結果、イスラエルの大物実業家モーシェ・ホゲグ氏が2億9000万ドルの仮想通貨詐欺の容疑で告発される」

Israeli tycoon Moshe Hogeg accused of $290 million cryptocurrency fraud after a two-year investigation.

出典:LinkedIn / Canva

ビジネス界の大物であり、かつてベイタル・エルサレムFCのオーナーであったモーシェ・ホゲグ氏が、イスラエル警察から2.9億ドルの仮想通貨詐欺を企てたとの告発を受けています。

当局によると、ホゲグ氏は2017年から2018年にかけて、イスラエル国内および国際的な投資家から合計2.9億ドルを調達しました。この資金は4つの仮想通貨プロジェクトを通じて集められたとされています。

しかしこの投資は、誘拐されたとされるものであり、約束されたプロジェクトのために使用されるはずだった資金が、ホゲグ氏の個人的な利益のために流用されたとされています。

イスラエル警察は、ホゲグ氏がセクシャルオフェンスや女性のプライバシーの再三にわたる侵害に関与しているという証拠を発見したと主張しています。これらの告発には、詐欺、窃盗、マネーロンダリングなどの金融犯罪から、性的不正行為などより悪質な罪まで、さまざまな犯罪が含まれていると報じられています。

警察は、この事件に関連する約180人の関係者に対する尋問や、数多くの捜索を行ったと明らかにしました。

この広範な活動により、さまざまな国で証拠、資金、財産が押収されました。

ホゲグ氏はすべての告発を否認

ベイタル・エルサレムFCのオーナーとしても話題となったホゲグ氏は、すべての告発を否定しています。

ホゲグ氏は、警察の拘留中に過酷な扱いを受けたと主張しています。

ホゲグ氏とその共犯者に関する捜査は、複数の国をまたいだ複雑なものでした。

ホゲグ氏とその他の7人は、2021年に最初に逮捕されましたが、ホゲグ氏は2,200万ドルの保釈金を支払った後、自宅軟禁に移されました。

今や、2年以上にわたる入念な捜査の結果、イスラエル警察はホゲグ氏とその関係者に対する告発を検察当局に引き渡しました。

ホゲグ氏の仮想通貨への進出は、イスラエルの財務大臣との会合など、注目すべきイベントで彼の存在感を高めました。

ホゲグ氏の仮想通貨企業がICOで1億ドルを調達

ホゲグ氏の仮想通貨プロジェクトは、わずか24時間で1億ドルもの資金を調達し、業界での地位を確固たるものとしました。

この事件は、警察の捜査以前から法的な争いがありました。2019年には、アメリカと中国の投資家からの訴訟がホゲグ氏に対して提起され、金融不正行為が指摘されました。

しかし、ホゲグ氏の名前がイスラエル当局による仮想通貨犯罪の捜査と関連して浮上したのは2021年の終わりまで待たなければなりませんでした。