イスラエル当局、テロ組織から暗号通貨を押収し、新しい技術を評価

イスラエルの国家テロ資金対策局は6月28日、テロ資金を提供するために数百万ドルを含む仮想通貨ウォレットを押収したと発表しました。イスラエル国防相のヨアブ・ガランテは、イスラエルの国防省と司法省、イスラエルの情報機関、新技術の協力により、この作戦を実行したと地元メディアは報じています。

ガランテは6月27日の会議で述べたところによれば、この作戦は「数日前に終了し」、テロ組織ヒズボラとイランのクッズ部隊に送金された仮想通貨を押収しました。これはこれまでにおけるこれらのグループからの仮想通貨の最大の押収でした。「我々はこの経路を通じたテロ資金の流れを効果的に断つことができました」とガランテは述べました。彼は以下のように付け加えました:

“ここ数か月、国防省の国家テロ資金対策局が情報機関や執行機関と協力して、この戦線でも非常に重要な成果を収めるための新たな能力を開発しました。”

ガランテによれば、ヒズボラ、クッズ、そして「シリアの要素」は、仮想通貨を「主にマネーチェンジャーと共謀して違法取引を行うために、第三者から資金を入手していました。

関連記事:イスラエル暗号通貨カンファレンスでのWeb3スタートアップのための2つの重要なセキュリティ対策

ブロックチェーン分析企業Chainalysisは、ブログ投稿でイスラエル当局がこの作戦で170万ドルを押収したと述べました。また、「Chainalysisのツールがこの画期的な国家安全保障の達成に役立ったことを誇りに思っています」と付け加えました。

1/ イスラエルのNBCTFによるChainalysis Reactorを使用した、ヒズボラとイランのクッズ部隊のテロ資金調達インフラに関連するアドレスからの約170万ドル相当の仮想通貨の押収の舞台裏を見てみましょう。

— Chainalysis (@chainalysis) 2023年6月28日

この作戦は、仮想通貨の資金調達に取り組む最初のものではありません。パレスチナのスンニ派組織ハマスは4月に、長年の方針を転換し、暗号通貨での寄付を受け付けないことを発表しました。「この通貨を通じてレジスタンスを支援しようとする人々に対する敵対的な努力の激化」を理由に、寄付の安全性についての懸念があるためです。

ロイターは数日後、イスラエルが2021年以来、イスラム国とハマスに関連するBinanceの約190のアカウントを押収したと報じました。Binanceはブログ投稿で、ロイターの報道は「重要な事実を意図的に抜き出している」と述べています。

雑誌:Tornado Cash 2.0:安全かつ合法的なコインミキサーの開発競争