他国にとっては、米国の暗号通貨取り締まりは偽りの恵みですか?

米国における仮想通貨の規制強化は、ウォールストリートジャーナルの最近の記事によると、他の地域での産業発展に必要なものかもしれない。

しかしながら、この記事は仮想通貨に対して敵意を持ったトーンで書かれており、産業が海外に移ることは祝福すべきことではないと述べている。

記事によると、米国の規制を回避するために、仮想通貨産業は「海外に逃げることができる」と宣言し、また、「規則に違反することは仮想通貨の欠点ではなく、むしろ重要な特徴である」と付け加えた。

ロンドン拠点のコラムニスト、ジョン・シンドレウ氏が執筆したこの記事は、仮想通貨産業が「大量の投機を招き、銀行のランに代表される古代の現象を復活させた」と非難し、仮想通貨のイノベーションが何の経済的価値も生み出していないと示唆している。

しかしながら、米国以外の一部の地域、例えば欧州連合、イギリス、スイス、香港、及びアラブ首長国連邦は、米国よりもはるかに友好的な規制で仮想通貨を受け入れている。

欧州連合の新しい仮想通貨市場取引法(MiCA)は、Binance、Coinbase、Geminiなどの主要な仮想通貨取引所が欧州で規制された企業を開設するきっかけとなり、多くの他の企業も香港やアラブ首長国連邦に進出している。

先月には、香港の規制当局は、半自律的な都市に仮想通貨企業を引き付けることに熱心であることを示し、銀行に対して、仮想通貨企業をクライアントとして受け入れることを「恐れないで」行うように指示した。

MiCAの「大きな赤い旗」

EUのMiCA法についてコメントし、ウォールストリートジャーナルの記事は、分散型金融(DeFi)プロトコルに対する法律の限られた範囲は「大きな赤い旗」であると主張している。

「理論的には分散型であるが、この仮想通貨のコーナーは、大手の貸し手に支配され、投票権を少数の手に集中させる可能性がある」と記事は述べている。

記事は最後に、EUや他の地域の仮想通貨規制は、次の大きなスキャンダルが投資家に打撃を与えるまでは友好的なままであり、その時点で規制当局が再び規制を強化する可能性があると述べている。

シンドレウ氏は、自分の記事で「仮想通貨がどれだけ逃げても、すべての道は最終的にSECにつながるかもしれない」と結論付けた。