「チェーンリンクのトップは終わったのか?この指標がそれを示唆しているかもしれません」

Is the top of Chainlink over? This indicator may suggest it.

オンチェーンのデータによると、Chainlinkのソーシャルな優位性は急激な価格上昇後に大きく上昇し、これはトップが近い可能性のサインかもしれません。

オンチェーンアナリティクス企業のSantimentのデータによると、LINKは現在市場で3番目にトレンドのある資産です。ここで興味のある指標は「ソーシャルな優位性」であり、これを理解するためには別の尺度を最初に見る必要があります:ソーシャルボリュームです。

ソーシャルボリュームは、特定の資産(現在の場合はChainlink)についての言及を行っているソーシャルメディアのテキストドキュメント(つまり、テキストベースの投稿、スレッド、メッセージなど)の総量を測定します。

この尺度は、Twitter、Reddit、Telegram、4chanなどの主要なソーシャルメディアプラットフォームで特定のコインに対する議論の度合いに関する情報を提供します。

さて、前述のソーシャルな優位性は、暗号通貨のソーシャルボリュームを、市場キャップ上位100の資産を合わせたものと比較する尺度です。

LINKの場合、この指標は市場のトップコインに関する議論がChainlinkに集中しているかどうかを示しています。

以下は、過去1か月間のLINKのソーシャルな優位性の傾向を示すグラフです:

最近の数日間、この指標の値がかなり高いようです| 出典:TwitterのSantiment

上記のグラフに示されているように、Chainlinkのソーシャルな優位性は、最近の暗号通貨の急成長に伴い、大幅に上昇しています。

この最新の急激な上昇のピーク時には、この資産の価値は8.4ドルを上回りましたが、その後、暗号通貨は少し下落しました。それにもかかわらず、価格はまだ8.1ドルを超えて浮動しており、このコインの利益は19%となっています。

このようなラリーは過去にもLINKに多くの注目を集めましたので、セクター内での議論の割合が急上昇したのは特に驚くべきことではありません。

ただし、この上昇の規模はやや懸念すべき兆候かもしれません。Chainlinkは現在市場キャップにおいて20番目の大きさしかないにもかかわらず、市場で3番目に話題になっている資産です。

一般的に、ある資産が話題になりすぎると、その価格はこの大勢の期待に反対する動きを示す可能性が高くなります。最新の議論がラリーの直後に行われたことを考えると、これらの話題は実際には市場のハイプの兆候であると思われます。

このようなハイプのレベルは、過去にChainlinkに対してベアシグナルとなることが多く、このような市場環境ではトップがより確率的に形成される傾向があります。したがって、現在のソーシャルな優位性の急上昇は、既にこの暗号通貨における局所的なトップの兆候である可能性があります。

執筆時点では、Chainlinkは8.1ドル前後で取引されており、過去1週間で15%上昇しています。

過去数日間でLINKは急上昇しました| 出典:TradingViewのLINKUSD