「マイケル・ルイスは、サム・バンクマン・フリードを擁護するために自分の評判を捨てているのか?」

Is Michael Lewis sacrificing his reputation to defend Sam Bankman-Fried?

仮想通貨の世界では、元ウォールストリートの債券トレーダーで最も有名な金融作家であるマイケル・ルイスをお気に入りの作家として挙げる人が非常に多いことに驚かれるかもしれません。この業界の多くの人々は、仮想通貨は資本の教会における改革の一環であり、数十年にわたる官僚主義を排除し、個人の財務により関与し、再分配、包括性、平等という公言された理念と世界を一致させる手段であると、心から信じています。そして多くの人々は、ルイスをアブラハムのような存在と見なしています。なぜなら彼は「ビッグ・ショート」を通じて特に現代金融の中心に潜む腐敗を暴露する役割を果たしたことで、彼自身は最大の生きている金融作家として賞賛されているからです。これはCoinDeskとその他の情報源からの最も重要な仮想通貨ニュースのまとめであるThe Nodeニュースレターの一部です。完全なニュースレターを受け取るためには、こちらから購読することができます。

したがって、もし私がルイスが仮想通貨の世界では事実上のペルソナ・ノン・グラータになってしまったことを伝えるとすれば、それは重い心でのことです。ほとんど一夜にして、ルイスはウォールストリートのビルギル、金融犯罪の執筆の達人としての評判を失いました。その原因は、彼の最新の著書「Going Infinite」のメディアイベントとして行われた、「60 Minutes」という番組への非常に不適切なインタビューです。このインタビューは、現在破産した仮想通貨取引所の失墜した創設者であるサム・バンクマン・フリードの讃美伝であると言われており、ルイスの役割について深刻な疑問を投げかけています。

ただし、大変重要ないくつかの詳細を補足しておかなければなりません。出版社ノートンやルイスの関係者以外で、この本を読んだ人はほとんどいません。この本は明日出版され、バンクマン・フリードの裁判が始まることと重なります。バンクマン・フリードは多数の詐欺容疑で無罪を主張する予定です。また、ルイスがSBFと直接接触する記者のほとんどのように、FTXでの赤信号を見逃したことは許容できるものです。バンクマン・フリードはメディアの現象であり、正しい形で行われる資本主義を代表する自己作りの億万長者でした。それは彼の政治的寄付、慈善活動、そしてみすぼらしい服装によって表されています(たとえ彼がまさに貧困から出てきたわけではなかったとしても)。

FTXの急成長や限りない支出など、今では明らかな警戒信号と思われるものは、みんなが話したいストーリーでした。「60 Minutes」でルイスはこう言っています。「覚えておいてほしいのは、私は彼について何も知らなかったということです…私が知っていたのは彼の性格を評価することだけでした。そして18ヶ月前は何もなかった彼が、今や225億ドルを持ち、30歳未満で世界で最も裕福な人物になっていたということです。」それは、ルイスが言ったように、「信じられない話」でした。

さらに、サム・バンクマン・フリードがFTXの崩壊の原因を他の誰かに負わせようとしているという見方もあります。これは事実の問題や、非フィクションの執筆やプロモーションの際に曖昧にしてはならない線について、ルイスが選んだ手法です。

インタビューでは、ルイスは「FTXの顧客預金にランがなかった場合、彼らはまだたくさんのお金を稼ぎ続けていたでしょう」と主張しています。これは、仮想通貨取引所は銀行ではなく、顧客預金を貸し出したり使用したりすることはなく、「預金準備率」の機関ではないという事実を完全に見逃しているという声明です。

金融詐欺をわかりやすく伝えることでキャリアを築いた作家が、こんなに基本的なことを見逃すというのは奇妙と言わざるを得ません。FTXが収益を上げたかどうかは訴訟の対象ではありませんし、それを取り上げることはFTXの帳簿上の巨大な詐欺の穴(SBFの話題)を見落とすことです。これについて、CoinDeskの編集者は、もしかしたら修辞的に、バンクマン・フリードがルイスに「何か」を持っているのではないかと尋ねるかもしれません。これは問う価値のある質問ですが、ルイスがバハマのレイブでヤギにキスしているような恥ずかしい写真がある必要はありません。

実際、「60 Minutes」でルイスは、利益相反の問題についてアドバイザーとして働いたと述べています。公平に言えば、これはおそらく非公式なものであり、バンクマン・フリードの無限の不正行為の結果です。ルイスは2年以上にわたって何度もバンクマン・フリードと会い、数時間にわたって話しました。しかし、ルイスが「中立の観察者」であるという考えは崩れてしまいました。他の誰かがルイスがFTXの企業のウェブに絡まれており、100以上のシェル会社や子会社の複雑な状況にある可能性があると指摘しています。

例えば、ベンチャーキャピタリストのニック・カーターは、SBFのヘッジファンドであるアラメダ・リサーチと、ルイスが2014年の書籍「フラッシュ・ボーイズ」で紹介したオルタナティブ株式取引所であるIEXの提携に注目しました。フォーチュン誌は、この取引所の提携がFTXをバックドア経由でアメリカに持ち込む手段である可能性があると推測しました。FTXがIEXの株式を購入する前に、彼らは米国証券取引委員会のトップである有名な暗号スケプティックであるゲーリー・ゲンスラーと複数の会議を行いました。

規制上の異常や金融上の奇妙さはさておき、ルイスが常にFTXを最も良い光で描く何かを書く運命にあったことは明らかです。ブルームバーグの調査ジャーナリストであるジーク・フォーは、最近の著書「Number Go Up」で、自身の文学のヒーローがFTX主催のバハマでのカンファレンスのステージに立ち、まさに資本主義の救世主であるバンクマン・フリードを宣言しているのを見ることはどれだけ衝撃的だったかを指摘しています。ある意味で、これはルイスがジャーナリズムに対する認識に対する犯罪と見なされる彼の行いの中で、最も許容できるものです。バンクマン・フリードは彼の自称したミッションに失敗しましたが、そのミッションを称賛することはできます(たとえそれが表向きであったとしても)。

事実を意見として提示することは一つのことです――例えば、BinanceのCEOであるチャンペン・ジャオがパニックを引き起こさなければFTXは存続していたであろうとか、SBFが単に多額の利益を上げており、バランスシート上の80億ドルの穴に気づかなかったとか。しかし、人々を良い人間と見たいという欲求(あるいは人々が良い人間である可能性を信じたいという欲求)は別のことです。ルイスは、「世界にはまだサム・バンクマン・フリードの形をした穴があり、それを埋めるために行動する人物が必要だ」と述べています。

参考:サム・バンクマン・フリードの利他主義はあまり効果的ではなかった| 論評

効果的な利他主義は、私の意見では小規模な場では高潔であり、拡大した場合にはサイコパシーです。ルイスは、少なくともジョン・ゴルトだけれども慈善的な主人公は素晴らしいと思っているようです。しかし、人生はアイン・ランドの小説ではありませんし、ルイスはファビュリストにだまされてしまったようです。インタビューの最低点は、ルイスが銀行業務のクロスオーバーによって顧客の資金が消失したという考えを鵜呑みにして、明確な窃盗の概念を払拭しようとしたときです。

状況を考慮すると、詐欺の可能性は裁判所に委ねる方が良いと思われます。バンクマン・フリードの最良の防御は、彼が深く無自覚であり、FTXが法的なアドバイスの悪さを非難できなくなったということです。ルイスが他に弁護する公の擁護者のほとんどがいない永遠の「誤解された」未成年者を支持する覚悟があるようです。彼が賭けているのは、確立された評判です。