Chainlinkは最も過小評価されたアルトコインですか? LINKにとってDo or Dieの時です

Chainlink (LINK)は、オルトコインの弱さに最も苦しんでいる仮想通貨の1つです。LINK価格は、$9.62から$5.32の範囲で397日間崩落し、非常にベアリッシュなシグナルとなっています。

しかし、良いニュースは、6月10日に$5.32のサポートを下回った後、ブルたちは一時的にレベルを回復することに成功したということです。それにもかかわらず、Chainlink価格はまだ危険な状況にあります。今後数日から数週間以内に決定的な瞬間が訪れる可能性があります。

有名な暗号通貨アナリスト@DaanCryptoがこれを指摘しています。アナリストは、以下のチャートを共有し、Wyckoff分析の「春」であるPhase Cに入る可能性があると説明しました。しかし、そのためには、範囲を保持する必要があります。

$LINKは計画に従いました。400日の範囲を逸脱し、再取得しました。これが多くの新しい輝かしいコインに優れていることを期待していませんが、無効化は明らかで、リスク/リワードは堅固です。$LINK Marines、ここでやるか死ぬかです。

オランダのアナリストであるMichaël van de Poppeは、現在の状況が大きな機会を提供していると考えています。6月17日、彼はツイートし、「オルトコインやChainlinkを蓄積する最適な時期は今です。」と書きました。最近のツイートでは、そのテーゼがまだ有効であると述べています。

それは過小評価されており、オルトコインの不況の代名詞です。拡大はおそらく起こるでしょうが、それを実現するには$6を突破する必要があります。

1日チャートを見ると、Fibonacciリトレースメントレベルを使用した場合、LINK Marinesは早すぎると喜ぶべきではありません。23.6%のFibonacciレベルである$5.92のレベルが恒久的に回復できる場合にのみ、ブルたちは最初のラウンドの勝利を祝うことができます。それ以前に、前の397日間の取引範囲外での新しい下落の危険が常に存在します。

取引範囲の上限に向けた道は全く簡単ではありません。$6.61の価格水準では、大きな売り圧が予想され、現在$6.86に位置する200日EMAでも同様です。それ以上に、$7.20(50%のFibonacciレベル)と$8.60(78.6%のFibonacciレベル)が重要です。

今夏に大きなカタリストが来る?

LINK Marinesが熱望しているイベントの1つは、Chainlink Cross-Chain Interoperability Protocol(CCIP)のリリースです。LINKの影響力のあるユーザーである@ChainlinkWomanは、「ChainlinkはCCIPが本格的にリリースされることを確認しました。SmartCon2023は素晴らしいイベントになるでしょう。」と昨日書きました。

このユーザーはChainlinkの最新の開発アップデートを参照しています。それによれば、クロスチェーン通信のためのグローバルスタンダードであり、どの公開およびプライベートブロックチェーンとも普遍的な接続を提供するCCIPが、メインネットでのローンチが直前になっていると発表されています。

最終的な手順として、Chainlinkの開発者はセキュリティの監査を完了することを計画しています。さらに、ベータパートナーとのさらなるテストが計画されています。その後、「テストプログラムのユーザーが一般的に利用可能になる前に、メインネットローンチが行われます。」