投資家はまだ、6か月前にローガン・ポールが約束した190万ドルの返金を待っています:CoffeeZilla

ローガン・ポールのトラブルに巻き込まれたNFTゲームプロジェクトCryptoZooの投資家たちは、1,000イーサ(ETH)(現在の価格で193万ドル相当)の返金に関する具体的な詳細をまだ待っていると報じられています。この返金は、1月に約束されたものです。

6月30日にYouTubeに投稿された動画で、プロジェクトの問題を初めて明るみに出した「インターネット探偵」Coffezillaは、最近数か月間、ポールがCryptoZooコミュニティとのコミュニケーションを絶っていると主張しました。

「6か月経ちましたが、フォローアップをします。ローガン・ポールは被害者に返金していませんし、最初に返金すると発表して以来、それについて話しませんでした。さらに最悪なことは、返金の計画を持っていないようです」

「なぜ私がそれを知っているかというと、私は裏でローガンに人々への返金計画を求めているからです」と彼は付け加えました。

CryptoZooは2021年9月に開始され、ZOOトークンとNFTを獲得する機会を提供するNFTブリーディングゲームを目指していました。ポール自身はそれを「お金を稼ぐ本当に楽しいゲーム」と表現していました。

しかし、アドビストックの画像から抜き出されたような魅力のないNFTアートワーク、暴落したNFTとZOOトークンの価格、そしてロードマップの実現に失敗したように見えたため、投資家たちは2022年末に不満を抱くようになりました。

CoffezillaがCryptoZooについての一連の暴露動画を公開した後、コミュニティからの強い反発に直面したポールは、最終的に1月14日に投資家に返金する計画を発表し、またプロジェクトのロードマップを実現することを誓いました。

しかし、これによってもCryptoZooとポールは翌月に集団訴訟を受けることは防げませんでした。

失望したプレイヤー向けの130万ドルの報酬プログラムを含むCryptoZooの3段階の計画です。ありがとうございます、@coffeebreak_YT pic.twitter.com/xFX017UHoc

— Logan Paul (@LoganPaul) January 13, 2023

Coffeezillaの最新の動画では、ポールの弁護士であるMNR法律事務所のジェフリー・ナイマンとの電子メールのスクリーンショットが共有され、具体的な計画がまだ確立されていないことを示唆しているようです。

「私たちはローガン・ポールを代理しています。ポール氏は、CryptoZooの卵の買い戻しの状況についてのあなたの連絡を知らせています。ポール氏はこのプロセスに取り組んでいます。私たちはポール氏と協力して、この目標を達成するための最善の方法を評価しています」とメールには書かれています。

関連記事: ブルーチップNFTとは何か、そしてそれを見つける方法は?

Coffeezillaはこの発言について問題を提起し、返金プロセスのためのブロックチェーン開発者への支払いコードの迅速な作成の単純さを指摘しながら、ポールが明らかに投資家たちを全額返金するだけの十分な資産を持っていると主張しました。

「だからあなたはまだホワイトボードの前にいるのですか?皆さん、これは計画がないか、または時間を稼いでいるときに言う声明です。 […] 1月のローガンの立場はまさにそこでした、彼は評価中だったんですよ」と彼は付け加えました。

執筆時点で、ポールはまだYouTubeやTwitterに反応を投稿していません。

雑誌: NFTクリエーター: ‘Holy shit, I’ve seen that!’ — Coldie’s Snoop Dogg, Vitalik and McAfee NFTs