「インベスコとギャラクシー、スポットイーサリアムETFの申請を追求する」

Invesco and Galaxy pursue application for Spot Ethereum ETF.

出典:Adobe

Invesco(インベスコ)Galaxy Digital(ギャラクシーデジタル)は、さらに多くの資産運用会社がデジタル資産製品を探求する中、スポット型Ethereum(ETH)上場投資信託(ETF)を導入することを目指しています。

ブルームバーグのETFアナリストJames Seyffart(ジェームズ・セイファート)が金曜日にX(旧Twitter)で投稿した記事によると、この2つの資産運用会社は、Invesco Galaxy Ethereum ETFという名前のスポット型Ether ETFに申請を行いました。

同社のS-1登録声明によれば、Invesco Galaxy Ethereum ETFは、「Etherの現物価格のパフォーマンスを反映する」という内容で、別の信託銀行によって暗号通貨の単位を保有することで実現されます。ただし、この信託銀行の詳細はまだ明らかにされていません。

この申請書には、Invescoがスポンサーであり、Galaxy Digitalが「執行エージェント」となり、ETHを売却して信託の費用を支払うことが明記されています。

InvescoとGalaxyは、スポット型ETH ETFの規制承認を求める投資運用会社のリストに加わりました。

SECは最近、ARK 21SharesとVanEckの以前の申請についての決定期限を12月25日から26日まで延長しました。

委員会は、提案された規則変更と関連する問題について、より多くの時間を必要とすると述べています。

将来のEther ETFは来週にも登場する可能性があります

スポット型Ether ETFは時間がかかるかもしれませんが、先物ベースのEther ETFは来週早くも利用可能になる予定です。

投資会社は既にETH先物商品をポートフォリオに追加する準備を始めています。

たとえば、VanEckは、近日中にシカゴ・ボード・オプションズ・エクスチェンジに上場されるEthereum Strategy ETF(ティッカーシンボルEFUT)を発表しています。

同じくこの分野の別の会社であるValkyrieは、既存のBitcoin Strategy ETFをValkyrie Bitcoin and Ether Strategy ETFとして再ブランド化し、Ether先物への露出を提供する予定です。

Bitwiseも、9月28日に更新されたBitcoinとEther先物の等重量ETFの目論見書を提出し、来週には実施されるとの予想があります。

さらに、Kelly ETFsはHashdexと提携し、将来のEther ETFを近い将来提供する予定です。

スポット型Bitcoin ETFと同様に、SECはまだ申請を承認しておらず、市場操作と投資家の脆弱性に対する懸念を挙げています。

ただし、将来のETH ETFはSECからの承認を受ける可能性がより高いとされています。

先物ETFは、基礎となるスマートコントラクト資産ではなく、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)で取引される先物契約に直接投資します。

規制当局は、先物ETFをCMEで監視できる商品と見なし、価格操作に対する投資家保護を提供すると考えています。

実際、報道によれば、SECは10月初旬にEther先物ETFの承認を開始する可能性があり、これにより参加を熱望する資産運用会社の間で大きな関心が生まれています。

執筆時点では、Etherの価格は約1,600ドルであり、先物ETFの導入に対する熱意により上昇しています。