イントゥイットはGenOSを使用したフィンテック向けの独自の大規模言語モデルを導入します

米国のFintech大手Intuitは、TurboTax、Mint、Credit Karma、Mailchimp、QuickBooksなどの製品を提供する会社であり、最近、ジェネレーティブ人工知能(AI)技術のためのオペレーティングシステムであるGenOSを含むソフトウェアサービスプラットフォームを拡大しました。

Intuitによると、新しいオペレーティングシステムには、開発者スタジオ、UXライブラリ、ランタイムレイヤー、いくつかの事前トレーニングされた大規模言語モデル(LLM)などのツールが含まれます。

プロプライエタリなジェネレーティブAIオペレーティングシステム(GenOS)を含むプラットフォームアーキテクチャを拡大し、金融に特化したカスタムトレーニングされたLLMを備えたものにします。GenOSはGenAIの力を解き放ち、顧客の規模に合わせたイノベーションを促します。

— Intuit (@Intuit) June 6, 2023

最近、いくつかの有名な企業は、OpenAIのChatGPTなどの第三者のLLMソリューションを特定のニーズに合わせて適応し始めました。しかし、Intuitは、独自のツールと開発・展開プラットフォームを作成することで、異なるアプローチをとっています。

Intuitは、必ずしもAI製品で知られているわけではありませんが、業界のリーダーとしての地位は、内部データを活用してChatGPTに似たモデルをトレーニングすることに適しています。その主な利点は、会社が含めるデータを選択できることで、金融に最適化したモデルを調整できることです。

ChatGPTやGoogleのBardなどの類似のLLMは、一般的なチャットボットとして位置付けられてきましたが、金融データに特化したモデルは、「狭い」、つまりターゲットとなるシステムと考えられます。

そして、Intuitには多くのデータがあると報じられています。6月6日に発表されたアナウンスメントによると、以下のようになります。

「同社は、小規模ビジネスあたり4万の顧客および金融属性、消費者あたり5.5万の税金および金融属性を持ち、24,000以上の金融機関と連携しています。Intuitは、年間7.3億件のAIによる顧客インタラクションを行い、1日あたり580億回の機械学習予測を生成しています。」

IntuitがGenOSをどのように実装するかはまだ見えていません。同社は、現在新しいプラットフォームを通じて開発中のLLMに関する具体的な情報を公開していません。ただし、同様のモデルの主な使用例のいくつかは、消費者教育やカスタマーサービスにあります。

関連記事: ChatGPTのリリース後、AI関連の暗号通貨リターンが最大41%増加

GenOSの発売は、米国の納税者にとって混乱の時期に来ましたが、同社の主力製品であるTurboTaxのユーザーにとっては救済措置になり得ます。

米国保守派共和党からIRSが批判されており、今後2年間で最大210億ドルの予算削減が提案されています。

このような削減は、市民の税金サービスの近代化の取り組みを低下させ、既に複雑な納税システムに悪影響を与える可能性があります。これは、証券取引委員会が仮想通貨取引所BinanceとKocooに対する行動の後、デジタル資産の法的性質に関する最近の不確実性と組み合わさり、4300万人の米国納税者にとって重大な課題を引き起こす可能性があります。