ADAのセキュリティ上の懸念に関する洞察:Cardanoの創設者とRippleのCTOが意見交換

リップルのCTOであるデイビッド・シュワルツ氏とカルダノの創始者であるチャールズ・ホスキンソン氏は、SECによるADAのセキュリティ分類に対して異議を唱え、規制強化の中で議論を展開しています。

ホスキンソン氏とシュワルツ氏がSECの立場に異議を唱えたのは、XRPを支持する弁護士であるビル・モーガン氏のツイートに刺激を受けたためです。

6月6日と6月5日に、米国SECはBinanceとCoinbaseに対して、いずれの取引所も未登録の証券を取引していたとして訴訟を起こしました。

ビル・モーガン氏は、製品改良は証券にならないと言います

最近のツイートで、ビル・モーガン氏はSECの主張に懐疑的な意見を表明しました。彼は、暗号通貨業界内の技術的進歩と革新の変革的な性質を見逃しているとして、SECの主張の妥当性について懸念を表明しました。

Pepecoinの価格が下落し、主要なサポートレベルを破りました-さらなる下落が前途にある?

彼は、スマートフォンが進化し続け、メーカーが常に改善や新機能を追加していることに例えました。

彼は、SECの苦情書の一部を参照し、ADAが証券であり、IOHKがCardanoブロックチェーンを拡張し、ブログを公開したことによって、SECの主張が根拠を持つと強調しました。

一方、ビルは、製品改良に関するコミュニティの更新は、その製品を証券にするわけではないと強調しました。彼は、この原則がCardanoブロックチェーン内で継続的に進歩するにも適用されるべきだと付け加えました。

さらに、SECの告発は、主にADAを2021年3月に上場した後にCoinbaseで取引したことに焦点を当てており、4年前に行われたICOにはあまり焦点を当てていないとモーガン氏は述べています。

カルダノの創始者とリップルのCTOが最近の動きに応える

カルダノの創始者であるチャールズ・ホスキンソン氏とリップルのCTOであるデイビッド・シュワルツ氏は、モーガン氏の主張に対してコメントし、最近の動きについて洞察を提供しました。ホスキンソン氏は、ADAのICO状況について明確化し、暗号通貨愛好家に必要な情報を提供しました。

彼は、ADAのICOが日本で行われ、ADAトークンの直接販売ではなく、バウチャーを利用したターゲットマーケティングや円やビットコインでの価格設定が行われたことを強調しました。

特筆すべきことに、アメリカ人はICOに参加しておらず、チャールズ氏は、4年後の二次市場での販売に関連するアメリカ市民による唯一の購入が行われたことを確認しました。

ただし、これはアメリカ人が二次市場でのみADAを取得し、元の日本のICOに直接関与したわけではないことを意味します。

ホスキンソン氏に対して、モーガン氏は、SECの場所と操作の性質に基づいて、その権限がICOをカバーしていないと主張しました。

彼は、この現実にもかかわらず、同機関がADAが米国の取引所で利用可能になったために証券になったと主張していることを批判しました。

リップルのCTOであるデイビッド・シュワルツ氏も会話に参加し、ICO取引とその後の販売に関するSECの見解に注意を喚起しました。

シュワルツ氏によると;

彼らの主張は、ICOが証券オファリングであったが、米国との関係がないためSECの問題ではなかったということだろう。しかし、二次市場の販売は免除されているということだったと思う。ICO取引は取引所で行われていなかった。だから投資契約とは何か?

ピクスタベイからの注目の画像とTradingview.comからのチャート