MiCAに関する洞察、ヨーロッパの新しい包括的なBitcoinおよび暗号通貨規制枠組み

最近、バイナンスのMENA・ヨーロッパ地域のディレクターであるヴィシャル・サチーンドランが行ったインタビューで、ヨーロッパでの仮想通貨に関する規制である「マーケット・イン・クリプト・アセット(MiCA)」について洞察を提供しました。アブダビの金融規制当局で働いていたヴィシャルは、MiCAが仮想通貨を金融サービスとして扱う包括的な規制であることを説明しました。MiCAは、欧州全域で仮想通貨サービスプロバイダーに対して統一的な登録とマネーロンダリング対策の要件を提供し、ライセンスのパスポート化を可能にする点において特筆すべきものです。

ヴィシャルは、MiCAがビットコインに与える影響について尋ねられた際、MiCAは異なる仮想通貨を区別せず、すべてを平等に扱うと述べました。彼は、MiCAが世界で初めての規制枠組みではないが、欧州で初めてであり、英国が自国の規制で行っていることに似ていると指摘しました。

仮想通貨サービスプロバイダー(CASP)として活動する企業に対する影響については、ヴィシャルは、彼らが提供するサービスに基づいて規制されることを説明しました。「…あなたの資本要件、リスク緩和、すべてはあなたが行っているサービスに基づいています。」カストディ、取引プラットフォーム、アドバイスなど、異なるサービスには、特定の要件とリスク緩和があります。

ヴィシャルは、MiCA規制はサービスプロバイダーの規模に応じて要件が異なることを示しました。大規模なプロバイダーには、消費者保護を確保するための資本要件やガバナンスコントロールがより多く必要です。彼は、ステーブルコインやNFTのマーケティングや取り扱いに関する指針が今後もさらに出てくることを指摘し、「将来にはそれらに対して別々のツールが開発されることになるでしょうが、現時点ではまだです」と述べました。

欧州と米国の規制環境について尋ねられた際、ヴィシャルは、規制当局が革新に追いつくために時間が必要であり、革新の力が産業を牽引していると強調しました。彼は、欧州の仮想通貨に対する規制は企業を引き付けることに成功しており、今後も新しい企業が地域内に進出することを期待しています。「新しい、より革新的な製品やサービスを提供する、多くの新しいプレーヤーやスタートアップが現れるまで、時間の問題です」とヴィシャルは述べました。

MiCAのグローバルな影響については、ヴィシャルは、他の地域も同様の規制姿勢を採用するか、MiCAの要素を自国の立法に取り入れる可能性があると示唆しました。ただし、彼は、産業内の人材プールを増やすことも産業の発展にとって重要であると指摘しました。

一般的な仮想通貨ユーザーに対して、ヴィシャルは、MiCAによって業界企業が金融サービスプロバイダーとして扱われることを理解する必要があると強調しました。また、ライセンスのパスポート化と単一のセンターから欧州市場にサービスを提供することの重要性についても強調しました。

全体的に、MiCA規制は、仮想通貨を金融サービスとして規制する包括的な枠組みを提供し、業界に統一性と消費者保護をもたらすことを目的としています。一部の側面はまだ開発中ですが、MiCAは来年末までに法律となり、グローバル産業に重要な影響を与える可能性があります。