「インドはG20の暗号通貨戦略を推進し、FSBの推奨事項を支持する」

India supports the G20 cryptocurrency strategy and the recommendations of the FSB.

G20 Nations

インドは、最新のG20への声明で、デジタル資産の適切に構築された法的体制を世界的に求めることを支持しています。

現在G20を主催しているインドは、最近、地元の暗号通貨法について審議を重ねながら、中央銀行デジタル通貨(CBDC)のクロスボーダー決済を受け入れるための努力を行っています。

インドは、「グローバルな暗号資産フレームワークの確立のためのロードマップに対する大統領ノートとして」と題した声明の中で、開発途上国における暗号資産の影響についてG20に検討を求めました。これにより、より広範な世界的な規制への通路が開かれます。

声明によれば、インドは、金融安定理事会(FSB)、国際通貨基金(IMF)、金融活動作業部会(FATF)の以前の勧告を支持しています。

インドは、完全な支持に加えて、開発途上国の投資家が十分な規制がないまま詐欺のリスクにさらされていることを強調しました。

この大統領ノートは、開発途上国がデジタル資産をどのように取り扱うかに焦点を当て、IMFがデジタル資産への貢献を称賛し、FSBに必要な取り入れを求めるものです。

このリリースはG20を対象としていますが、グローバルな規制フレームワークは特にステーブルコインのクロスボーダー機能性に利益をもたらすと述べています。

声明によれば、IMFとFSBは今月、Synthesis Paperというより広範かつ体制的な規制を発表する予定です。

「Synthesis Paperは、一貫した政策と規制フレームワークをサポートし、各国が法的および規制的な文脈に最も適した方法でガイドラインを実施することができるようにします。FSBとSSBのフレームワークを全ての管轄区域が満たすための世界的な最低基準として認識されます。私たちの共有の目標は、国際基準に合致し、規制独占を防止し、リスクを最小限にするための政策フレームワークの効果的な採用です。」

インドの暗号通貨進出が加速

インドは、特にデジタルルピーのパイロットプログラムを開始して以来、暗号通貨の規制で知られるようになりました。

インド準備銀行(RBI)は、銀行機関や中小企業の参加を含め、国のCBDCのより広範な採用を達成するための詳細な計画を発表しました。

先月、同銀行は、使用の増加を計画の一環として、より多くの貸付機関に技術の導入を呼びかけました。小売市場と卸売市場の両方で試験を行うパイロットプログラムは、これまでに成功を収めています。

RBIの副総裁であるラビ・サンカル氏は、年末までにデジタル通貨の1日あたりの取引が約100万件に達すると述べています。

一方、6月には、同銀行は30万人の商人と130万人の顧客がその技術を使用したと報告しました。

「RBIは、今年CBDCのパイロットプログラムを開始するため、小規模銀行に対してフィンテック企業と提携するか、独自のシステムを開発するように要請しました。」