「クリケットワールドカップでは、ICCがNearブロックチェーンにアクセスし、Web3ファンアプリを活用する予定です」

In the Cricket World Cup, ICC plans to utilize the Near blockchain and access the Web3 fan app.

国際クリケット評議会(ICC)は、Near Foundationと提携し、2023年のクリケットワールドカップ(インド開催)向けのブロックチェーンパワードのWeb3ファンエンゲージメントアプリを開発することを発表しました。このアプリは、今後6週間で数億人のファンに届くと約束しています。

Cointelegraphは、ICCのデジタル担当チーフであるクリス・ドノヴァン氏とNearのCEOであるフィン・ブラッドショウ氏に独占インタビューを行い、インドでのグローバルスポーツイベントの試合前、試合中、試合後にファンエンゲージメントを推進するためのWeb3モバイルアプリの詳細を解説しました。

関連記事:クリケットから暗号通貨へ:AB・デ・ヴィリエがWeb3に参入

ICCがWeb3の世界に初めて進出したのは、2022年にFanCrazeという名前の非代替可能トークン(NFT)プラットフォームを作成したときでした。このプラットフォームは、ファンがさまざまなICCトーナメントの歴史的瞬間のハイライトを所有する能力を提供しました。ドノヴァン氏は、これが将来のWeb3の活動の基盤を築いたと述べています。

「私たちはその製品を取り巻くコミュニティが大好きでしたので、クリケットへの愛を強める他のユースケースを探してきました。」

このアプリでは、ファンは競技中のゲームにおいて戦略的な選択が必要な予想ゲームに参加することができます。ファンは、自身の選択と試合の実際の結果を反映したポイントを獲得し、競技中におけるリーダーボードと報酬に反映されます。

ICCのファンエンゲージメントアプリ、Near Protocolの発表ビデオで紹介されています。ソース:Near Protocol

ドノヴァン氏は、クリケットの統括団体であるICCとNearが、Web3テクノロジーがファンのデジタル体験を向上させる方法について同様のビジョンを共有しており、Nearのブロックチェーンオペレーティングシステムが他のネットワークとの相互運用性を持っていることが提携の重要な要素であると述べています。

「それは、ブロックチェーン間の相互運用性を持つ製品を作り出すことに関して非常に重要なポイントです。」

Nearはレイヤー1のブロックチェーンですが、他のブロックチェーンエコシステムとの通信、スマートコントラクト、トランザクション機能をサポートするスケーラブルなインフラストラクチャを備えています。ブラッドショウ氏は、2025年12月までの提携の中でさらなるユースケースが探求される際にこの機能が役立つと考えています。

「ICCは現時点では単一のレイヤー1ブロックチェーンパートナーとのみ協力することに焦点を当てていますが、ブロックチェーンオペレーティングシステムの相互運用性の能力にも気づいています。」

Cointelegraphが詳しく取り上げたように、さまざまなスポーツでのマーケティングと広告が、暗号通貨とWeb3の採用を推進しています。ブラッドショウ氏は、インドで開催されるクリケットワールドカップは、ブロックチェーン技術の実際のユースケースを示す別の機会であると考えています。

「インド亜大陸で最も人気のあるスポーツと提携することで、エコシステムの技術やパートナーがどのような大衆市場のWeb3アプリケーションを実現できるかを紹介するショーケースになることを期待しています。」

ブラッドショウ氏によれば、Near Foundationのビジネス開発チームはICCと4ヶ月間協力し、クリケットワールドカップのユースケースを研究し特定しました。大会は10月5日に開始され、決勝は11月19日に予定されています。

雑誌:再帰的な銘文:ビットコイン「スーパーコンピュータ」とBTC DeFiが間もなく登場