「仮想通貨の「自律する世界」において、クリエイターは建築家であり、ユーザーはステークホルダーです」

「仮想通貨の「自律世界」において、創作者は建築家であり、利用者は株主です」

「Web 3.0は、個人が自分自身のデータを制御し、オンラインのアイデンティティに真の所有権と主権を持つ、本当に分散化されたウェブを作り出すことに関してのものです。」- シリニヴァサン

Web 2は多くの賞賛を受けるべきです。ほとんど摩擦のない状態で何百万もの観客を持つ非有名人がインタラクティブなプラットフォームを作ることができました。情報を制御してきたネットワーク、すなわち20世紀全体を通じて情報を制御してきたゲートキーパーを迂回することができました。しかし、Facebook以前の注意経済に悩まされていた中央集権の問題は、20世紀のメガ企業よりも一部の優勢なプラットフォームがより大きなグローバルな注目を集めるようになったことで、過去10年間に再び現れています。

Felix XuARPABella Protocol の創設者です。

Chris Dixon氏のブログ「Why Decentralization Matters」では、テックプラットフォームとユーザーの間の抽出的な関係を示すSカーブモデリングがどのように平坦化しているかを示し、徐々にユーザーから多くのものが剥奪されていることを示しています。これはユーザーだけでなく、これらのプラットフォームに依存しているすべての企業、開発者、クリエイターにも同じことが言えます。

The S shaped model showing how platforms interact with users according to Chris Dixon. (Andreessen Horowitz)

過去5年間、彼らはほとんどの努力を抽出に注いできました。広告を増やして利益を増やすために、2018年以来約4000億ドルの純利益を創出してきた彼らは、クリエイターに再分配するためのわずかな努力しかしていません。

もちろん、ビッグテックの創設者たちは少しの賛辞を受けるべきです。AlphabetのYouTubeやWeb 2の新興勢力であるTikTokは、「クリエイター」や「インフルエンサー」を何万人もの人々にとって実現可能なキャリアの道にしました。Googleの総収益の約11%を占めるYouTubeは、大規模なクリエイターに対して45%までの収益シェアを提供しています。TikTokの収益シェアははるかに低いですが、多くのクリエイターは独自に交渉した広告を自分のページで販売することでまともな生計を立てることができます。

参考情報: Tech’s Money Woes: Beginning of the End for Web2? | Opinion

Web 2の本当の問題は、限定された収益分配ではなく、クリエイターが自分たちとはますます異なる利益を追求するプラットフォームの気まぐれにさらされているということです。プラットフォームの気まぐれなアルゴリズムやデプラットフォーミングの常に存在するリスクが、すべてのクリエイターの運命を決定しています。もちろん、多くの他の小規模なクリエイターが救済なしにデプラットフォーミングされたり、OnlyFansやPatreonを含むウェブサイト全体が警告なしにクリエイターベースの収益化を停止したりすることもあります。

境界を超えて、中央集権を超えて

Web 2.0は私たちに新しいコンテンツの消費時代を紹介しましたが、それでもクリエイターを中央集権のプラットフォームの恩恵に依存させています。真の所有権、単にコンテンツの所有権ではなく、デジタル領域全体の所有権への願望は、我々を次のフロンティアへと導きます:Autonomous Worlds (AW)。これらは暗号用語の広大な領域にあるだけでなく、私たちのデジタルの相互作用と経験の深い進化を表しています。

オックスパークによって開拓されたこれらのデジタル領域は、典型的なWeb 3.0環境とは異なります。その特徴は、彼らのハードな映像的境界(世界内部で)、細心の注意を払った導入ルール、そして特権的なゲートキーパーの存在がないことです。

SingleQuoteLightGreenSingleQuoteLightGreenこれらの世界では、クリエイターは単なる貢献者にとどまることはありません。彼らは建築家ですSingleQuoteLightGreenSingleQuoteLightGreen

これらの分散化された景観では、クリエイターと消費者の関係は従来の枠組みを超えています。プラットフォームに制約されず、クリエイターは完全な宇宙を創り出し、消費者は今まで想像もしなかった方法で関与することができます。仮想アートギャラリーを想像してみてください。アーティストは自分の作品を展示するだけでなく、デジタル空間自体の一部分を共同の決定に基づいて編集、変更、進化させることができます。

また、一つの開発者によって設定されるのではなく、プレイヤーによって形作られ、再構築される大規模なオンラインゲームを考えてみてください。創造時にルールと空間が設定されます。その後の編集作業は合意に基づいて承認され、新たな社会や相互作用が変化し、AWが提供する可能性も変化していきます。(免責事項:ARPAはRandcastというランダムナンバージェネレータを開発しており、デジタル空間とAWにおける検証可能なランダム性を確保することを目指しています)。

Web 2.0が個々のクリエイターに声を与えることに焦点を当てたのに対し、自律的な世界(Autonomous Worlds)は彼らにデジタルエコシステム全体を形作る力を授けることを目指しています。個別のコンテンツから包括的で相互作用型の世界への移行は、単なる制作から統合的な世界構築への変換を示しています。

これらの世界では、クリエイターは単なる貢献者にとどまることはありません。彼らは建築家であり、デジタル現実そのものの構造を形作ります。そして消費者?彼らは単なる受動的な視聴者ではありません。彼らは能動的な参加者、ステークホルダー、そして共同創造者になります。境界線はかすかになり、相互作用、関与、共有の所有権の協力的な模様を形成します。