「Illuviumの崩壊するトークンは、GameFiの問題を象徴しています」

Illuvium's collapsing token symbolizes the problems of GameFi.

ブロックチェーンゲームは、テクノロジーの真の可能性を効果的にテストする手段として始まりました。しかし、それらの可能性に到達するための確実な手段を確保することはまだ課題です。Illuviumは歴史上最も期待された暗号ゲームのリリースの一つでしたが、そのILVトークンの価格は2021年以降大幅に下落し、97%にもなります。

このプロジェクトの開発者はかなりの時間にわたって重要なものをリリースしていません。没入型のゲームプレイと印象的なグラフィックは、ゲームのトークンの価格下落を止めるには十分ではありません。同様のことは、ほとんどのGameFiトークンにも言えます。

ブロックチェーンゲームは、利用者の体験の質を十分に重視していないため、これまで大きな期待に応えていませんでした。最終的に、これらのゲームを作るという作業は過小評価されています。GameFiが登場したとき、そのポテンシャルは非常に高かったが、実際には期待を裏切る結果に終わりました。トップのパブリッシャーによってリリースされるAAAゲーム(高品質なゲーム)を作ることは容易な作業ではありません。それは複雑で高価なプロセスであり、激しい競争が存在しています。

関連記事:2023年にはプレイして稼ぐゲームが消える

現在、開発者やパブリッシャーは多くの使い古されたトロープや劣悪な慣行にも取り組んでいます。多くのゲームが急いで開発されたり、設計が不十分であったりします。一部のゲームは意味のあるエンターテイメント価値を持たず、利益を得ることだけがプレイヤーの動機となっています。これは通常、予算が不足しているか、未完成のゲームが急いでリリースされたためです。さらに、一部の会社はトレーラーと実際のゲームプレイが一致していないゲームをリリースし、プレイヤーの業界への信頼を失わせています。

これらすべてを考慮すると、これらのゲームの多くがプレイヤーを優先していないと言っても過言ではありません。観客は新しいゲームの登場を数ヶ月待ちますが、低品質で設計が不十分でエンターテイメント性に乏しいことがわかるだけです。

Illuvium: Overworldは、私のノートパソコンの低設定でも美しいです。@illuviumio #Illuvium #web3game pic.twitter.com/6AGu5tcC2W

— Gringo HodL // (@GringoHodl) August 15, 2023

Illuviumは、ゲームのローンチ前にILVトークンを発行し、土地の非代替トークン(NFT)を7200万ドルで販売して資金を調達しました。それにもかかわらず、パブリックベータ版のローンチは遅れています。これはAAAゲームの一つの主な欠点を示しており、収益に重点を置くことがゲームの楽しみを奪う可能性があるということです。Illuviumで起きている同じ問題は、他のAAAブロックチェーンゲームのプロジェクトでも起こっています。

Minecraft、Fortnite、ポケモンに触発されたプレイして稼ぐゲームであるPixelmonは、目標に達しなかったAAAブロックチェーンゲームのプロジェクトとして注目されています。2022年に10,000個のNFTコレクションを販売し、約7000万ドルの収益を上げましたが、その後のゲームのローンチはプレイヤーの期待を裏切りました。一部のキャラクターは標準的なUnityモデルであり、一人のユーザーは見えないキャラクターを手に入れました。これは7000万ドルに値するプロジェクトではありませんでした。

プレイヤーはPixelmonの7000万ドルの評価に感銘を受けませんでした。出典:Twitter

開発者は、魅力的なゲームプレイを無視することで、持続不能な経済モデルを優先させることがあります。これはGameFi市場でのトレンドであり、魅力的なゲームプレイを無視しています。

Illuviumのトークノミクスでは、45%がチームと投資家に割り当てられています。ゲームの報酬に割り当てられるのはたったの10%であり、投資家のシェアと比較して微小な割合です。トークン投資家の割り当てはすべて利用可能であり、ゲームのローンチ前に売却することができます。つまり、Illuviumチームと投資家は早期に利益を得ることができます。

このようなゲームでは、大きなリスクを負う可能性があります。利用者は、何らかの大きな金銭的リターンを得るまでに長時間ゲームに費やさなければならないかもしれません。また、トークンの価格は急激に変動することも考慮すべきです。

関連記事:GameFi開発者は大きな罰金と厳しい刑罰に直面する可能性があります

ブロックチェーンゲームでは、エントリーの費用も非常に高くなっており、GameFiの一般的な普及を阻害しています。重要なのは、時間をかけて構築することが必要な金銭的リターン以外の付加価値があることです。ユーザーエクスペリエンスを改善する必要があります。これはプレーヤーだけでなく、投資家も引きつける要素です。トークン発行の最終目的は、チーム、投資家、プレーヤーの間でその価値を高めることです。

ただし、Illuviumでは、ゲームが開始される前にトークンの45%が売却圧力にさらされるリスクがあります。トークン投資家は、ILVの需要が高まるときに売却するインセンティブがありますが、これはゲームをプレイすることで投資からまともなリターンを期待しているプレイヤーとは相反します。

現時点では、IlluviumはトークンやNFTによって生み出された話題によって利益を上げていますが、まだ実際の価値を示していません。ゲームの「まずトークン、割り当てを利用可能にし、後でゲームを行う」という戦略により、投資家とプレイヤーの利害が分かれる状況が生まれます。このゲームは、ゲーマーよりも投資家向けに作られました。

印象的なデザインやアイデアを持っている一方で、ゲームにはまだ多くの機能が欠けており、改善の余地が大きいです。

投資家はゲームのユーザーの中でも多数派を占めており、その成功はゲームの品質よりもマーケティングの成果です。Illuviumの現状は、まだ提供されていないAAAブロックチェーンタイトルの創造を宣伝しているイニシャルコインオファリングプロジェクトに似ています。たとえ1億ドルのタイトルが成功裏に製作されたとしても、問題は、それをサポートするだけの十分なブロックチェーンゲーマーが存在するかどうかです。