IFC支援のCarbon Opportunities Fundは、トークン化された炭素クレジットを決済するためにChia Networkを使用しています

カーボンオポチュニティファンドは、カーボンクレジットの検証のための私募エクイティファンドであり、Chiaブロックチェーンを使用してトークン化されたカーボンクレジットの最初の取引を行いました。

投資会社のSumitomo Corporation of Americas(SCOA)は、国際金融公社(IFC)のワールドバンク系列のChia上で開発されたファンドからトークン化されたカーボンオフセットを購入しました。

カーボンオフセットは、企業が木々の植樹や再生可能エネルギーのプロジェクトを資金調達するためにクレジットを購入することで、自社の排出量を補償する手段です。

カーボンオポチュニティファンドの目的は、ブロックチェーンを使用してオフセットにより透明性を持たせるためのデジタルカーボン市場インフラを作り上げることです。

執筆時点では、Chiaブロックチェーン(XCH)のトークンの価格は34.29ドルでわずかに上昇していました。

SCOAのシニアディレクターであるマーク・ライラ氏は、「Chiaは異なるカーボン市場の統合を容易にし、参加者が国境やプラットフォームを越えてクレジットを取引することを容易にすることができます。これにより、カーボン市場の流動性と総合価値が増加し、新たなカーボン資産クラスの創出が可能になります。」と述べています。

続きを読む:チアネットワークが米国証券取引委員会にIPO計画を提出

編集:パリクシット・ミシュラ氏