「IBMのブロックチェーンとAIの専門家は、ChatGPTが企業利用においていくつかの「重要なリスク」を抱えていると述べています」

IBMのブロックチェーンとAIの専門家は、ChatGPTの企業利用には「重要なリスク」があると述べています

IBM Automationの最高技術責任者であるJerry Cuomoは最近、企業がChatGPTを使用する際に関連するいくつかのリスクを挙げたブログ記事を公開しました。

ブログ記事によれば、企業がChatGPTを運用する前に考慮すべきいくつかの主要なリスク領域があります。ただし、Cuomoは最終的にはChatGPTでは非機密データのみが安全であると結論づけています。

Cuomoは次のように書いています。「データがChatGPTに入力されると、どのように使用されているかを制御したり知ることはありません。」

このような意図しないデータ漏洩は、パートナーや顧客、クライアントのデータがChatGPTのトレーニングデータに漏洩した後に一般の人々に公開される可能性があるため、法的にビジネスに責任を負わせることもあります。

Cuomoは知的財産のリスクや漏洩によってビジネスがオープンソース契約に違反する可能性も指摘しています。

IBMのブログ記事によれば:

「ChatGPTに機密な第三者や内部の企業情報が入力されると、それはチャットボットのデータモデルの一部となり、関連する質問をする他の人と共有される可能性があります。」

Cointelegraphは上記の声明に関してOpenAIにコメントを求め、公共関係代理人から以下の回答をメールで受け取りました。「関連する質問をする他の人とデータを共有しないようになります。」

代表者はまた、ChatGPTのプライバシー機能に関する既存のドキュメントを参照しました。これには、ウェブユーザーがチャット履歴をオフにする能力を詳細に説明したブログ記事も含まれています。

OpenAIによれば、ChatGPT APIではデータの共有はデフォルトでオフになっています。

APIポリシーは完全に明確ですが、ChatGPTのウェブインターフェースやiOS/Androidアプリを使用して行われる会話に関するポリシーが混乱しています。

— Simon Willison (@simonw) August 15, 2023

ただし、批評家は、ウェブバージョンの会話はデフォルトで保存されると指摘しています。ユーザーは、会話の保存をオフにする(前回の続きから始めるのに便利な機能)とデータの使用を拒否するために選択する必要があります。現時点では、データの共有に同意しない限り、会話を保持するオプションはありません。

関連記事:IBM Watsonの開発者がAIスタートアップのElemental Cognitionに6000万ドルを調達