IBEX Mercadoは、グルーポ・サリナスとのパートナーシップを発表し、数百万人のメキシコ市民にライトニングアクセスを提供することを発表しました

メキシコの最大の企業コングロマリットであるグルーポ・サリナスとの新しいパートナーシップを発表したビットコイン・ライトニング決済サービスプロバイダーのIBEX Mercado。

IBEXのCEOであるホセ・レムスは、パートナーシップを発表する際にステージ上で「400万人以上のメキシコ人が、ケーブル、インターネット、電話サービスにビットコインで支払うことができるようになりました。このパートナーシップにより、ライトニングテクノロジーを活用したビットコインやライトニング企業、フィンテック企業のすべての企業にドアを開きます… [私たちは]グルーポ・サリナスと新しいテクノロジーを展開し、メキシコの人々が食料品、電子製品、送金にビットコインで支払うことができるようになります」と述べました。レムスは、この発表に興奮し、「これはメキシコで起こることの氷山の一角に過ぎない」と説明しました。

この協力は、メキシコにおけるビットコインとライトニングの採用において重要な一歩を示しています。さらに、IBEXを介したライトニング決済のTotal Playへの統合は、Total Playの顧客にとって迅速で効率的な取引の新しい可能性を開くことになります。

「この技術の真の価値は、コーヒー代を別の方法で支払うことではありません」とレムスは述べています。「製品やサービスがますますデジタル化される世界では、より良い支払い技術が必要です…私たちは十分な支払い技術を持っていませんでしたが、今ではライトニングで持っています。」

IBEXを介したグルーポ・サリナスの製品やサービスへのビットコイン・ライトニングの統合により、メキシコはデジタル革命の最前線に立ち、市民に安全で現代的で効率的な支払いオプションを提供することができます。