Hut 8は、法的闘争の中で成長を見据え、6400台のリグを移転するにあたり、AIコンピューティングに熱心です

ビットコイン(BTC)マイニング企業のHut 8は、人工知能(AI)と高性能コンピューティングの需要が急増していることを受けて、カナダのオンタリオ州の施設から6,400台のマイニングリグを移転する計画を発表しました。

これは、同社が2019年11月に第三者のエネルギーサプライヤーであるValidusとの法的な争いに直面し、施設を閉鎖せざるを得なくなった後、衰退していた活動を再活性化するための一環です。

このカナダの企業は、現在、6,400台のマイナーをテキサス州に向けて拡大する予定です。

同社の予測によると、マイニング活動は7月末に再開され、秒速600ペタハッシュの追加ブーストにより、総ハッシュレートは秒速3.2エクサハッシュに上昇する見込みです。

Hut 8の最高経営責任者であるジェイミー・レバートンは、BTCマイニングの運営状況について、長い間苦境に立たされていたが、マイナーが損失を計上し、BTC残高と機器を売却して生き残ろうとした期間に続いて、ポジティブな感情を表明しました。

「過去数か月間、業界は予想よりも好調に回復しており、HPCとAIコンピューティングの領域において、私たちの先行を追う多くの競合他社があることが、その一因です。」

同社はまた、North Bayからの6,400台のマイナーに対する3か月間のホスティング契約と、月々更新の合意にも達しました。

AIがマイナーに新たな道を開く

人工知能と高性能コンピューティングは、BTCマイナーにとって重要な分野となり、数か月間で多くの転換が記録されています。

Hut 8は、高性能インフラをコアのビットコインマイニング活動以外に展開する点で先駆者となっています。レバートンは、ブリティッシュコロンビア州の保健局に対する5年間の契約について語りました。

人工知能は、世界中の主要な技術企業の関心を引き続き引き付けており、多くの観察者がマイナーが使用するチップへの将来的な争奪戦を予想しています。

明るい面では、BTCマイナーは現在利益を上げており、2024年のハーフニングに向けて基盤を拡大し、バランスシートも増加させています。

最近のビットコイン価格の上昇は、マイナーを黒字に戻すだけでなく、マイニング資金のデジタル資産取引所への流入も記録しました。

Glassnodeの最新のデータによれば、価格が初めて58,000ドルに達したときよりも高いレベルになっているとのことです。

「心理的なキーとなる30,000ドルを超える現物価格の上昇に続いて、ビットコインマイナーは引き続き大量のBTCを取引所に送っています。」