「人権財団、15のグローバルなビットコインプロジェクトに50万ドル以上を寄付」

Human Rights Foundation donates over $500,000 to 15 global Bitcoin projects.

本日、人権財団(HRF)は、ビットコイン開発基金からの最新の慈善活動を発表しました。 HRFからのこれらの15の助成金は、世界的な教育、ビットコインコアの開発、ライトニング関連のDLC、電子現金、および抑圧された政治体制の開発者に対する財政支援を提供し、彼らが世界中のビットコインイベントでスピーチするための旅行費用を補助するためのものです。特に、ラテンアメリカ、アフリカ、中東出身のプロジェクトおよび貢献者に焦点を当てています。

助成金プログラムには、7つの50,000ドルの助成金、5つの25,000ドルの助成金、および3つの10,000ドルの助成金が含まれており、総額は50万ドルを超え、発行時点で約19ビットコインに相当します。

この発表は、わずか数ヶ月前に20ビットコインの報酬チャレンジが開始された後のものであり、HRFのビットコインの改善とそれを開発する人々の労働生活の向上に対する寄付の約40 BTCに及ぶ約束をもたらしました。

現時点では、「デザインガイドのオープンソース化」の報酬のみが受け取られ、半分の「エンドツーエンド暗号化ノストルグループチャット」の報酬が授与されています。報酬は2024年12月31日まで受け付けられ、詳細はこちらで入手できます。

新たに発表された助成金受賞者については、Gee Deer氏にはビットコインコアとライトニングネイティブステーブルコインの取り組みに対して50,000ドルが授与されます。Geeが提案するステーブルコインは、ディスクリートログ契約(DLC)を使用してカウンターパーティリスクを最小限に抑え、米ドル資産の潜在的な分散化を高めようとします。Geeはまた、開発者の支援、コードの検討、およびビットコインコアのさらなるテストを行います。

Jarol Rodriguez氏にはビットコインコアへの貢献に対して50,000ドルが授与されます。Jarolはこの資金を利用して、PRの評価やビットコインコアの問題の解決、開発者教育の向上、ビットコインノードの標準実装とされる無料かつオープンソースのプロジェクトであるBitcoin Core Appの運用をモバイルデバイス上で可能にするための取り組みを行います。

フルジー氏にはビットコインコアへの貢献として50,000ドルが授与されます。彼はPRの分析、バグの修正、パフォーマンスとコードの改善の提案、およびパブリックディベートと議論への貢献を行い、この資金を使用してビットコインコアのソフトウェアの安定性、パフォーマンス、セキュリティの向上に重要な貢献を続けることができます。

ビットコインの夏は、彼らの夏のフェローシッププログラムへの資金として50,000ドルを受け取ります。国際的なオンラインのビットコインインターンシッププログラムであるSummer of Bitcoinの目標は、大学生をビットコインのプログラミングとデザインに慣れ親しませることです。2023年のプログラムには70以上の国から1万人以上の応募があります。プログラムに応募し、夏のプログラムについて詳しく知りたい場合は、こちらをクリックしてください。

Justin Moeller氏にはFedimintの取り組みに対して50,000ドルが授与されます。Justinは、Fedimintサーバーの保護者が制約なくサーバーをアップグレードできるようにするデータベース移行システムの構築に取り組みます。さらに、ユーザーのecashの使用方法を見直し、改善するためにFedimintの現在のパフォーマンスを調査します。

Kawaakibi Foundationに50,000ドルを提供することで、彼らはMENAビットコインハブを作成するのに役立ちます。世界で最も抑圧的な地域の解放を支援するため、MENAビットコインHUBは活動家、ジャーナリスト、組織にビットコインを使って自由に取引し、外国からの寄付を受け取り、資金を安全かつ匿名性を保ったまま保持する方法を指導します。

ヴィンテウムには、ブラジルとラテンアメリカでのオープンソースのビットコイン開発を推進するための取り組みに対して50,000ドルが授与されます。この資金は、ラテンアメリカのビットコインコア開発者を支援し、ビットコインコミュニティを育成し、地域での開発者パイプライン教育プログラムを確立するためにVinteumが使用されます。

革命的なサイファーパンクD ++は、FOSSプロジェクトと世界的な教育活動に対して25,000ドルを受け取ります。D ++は、グローバルサウスのカンファレンスでの講演やワークショップの提供、無料のビットコインブートキャンプの開催、およびBitcoin Coreやその他のFOSSプロジェクトのメンテナンスを続けることにより、世界的なビットコイン教育を実施するために資金を利用します。

ビットコインエカシは、南アフリカで循環型ビットコイン経済を作り出す取り組みに対して25,000ドルを受け取ります。この資金は、地域の新しい企業をビットコインに参加させ、コーチ、インストラクター、ライフガードの賃金を支払い、実践的な知識とビットコインの専門知識を地域の人々に提供するためのスキル開発センターを運営するために使用されます。HRFは、今後数年間でアフリカの他の村々もビットコインエカシの先駆けに続くことを予想しています。

Amiti Uttarwar氏には、ビットコインメンタリング、ADDRMAN、およびBitcoin Bytesの取り組みに対して25,000ドルが授与されます。この資金により、Amitiはビットコインコア開発者を指導し、彼らの能力を最大限に引き出すために取り組み、ADDRMANを強化してビットコインノードをより安全でプライベートなものにし、Bitcoin Bytesの開発を続けて人々にビットコインについて教育するプラットフォームとしての役割を果たします。

Ben Perrin氏は、グローバルなビットコイン教育を推進するために25,000ドルの支援を受けます。Benはビットコインについて人々に教えることを専門とし、YouTubeとXでBTC Sessionsのホストを務めています。Benは、資金を活用して、ビットコインの安全な使用方法を教えるための教材の制作や、NGO向けの対面およびオンラインのトレーニングとワークショップの提供などに取り組むことができます。

「La Librería de Satoshi(サトシの図書館)」は、できるだけ多くのスペイン語話者に技術教育を提供する取り組みを支援するために25,000ドルを受け取ります。スペイン語の開発者がビットコインコアの貢献者、ビットコイン技術教育者、開発者の支持者、およびエコシステムの起業家になることを可能にするために、La Librería de Satoshiはこの助成金を利用してビットコインとライトニングのコースを提供します。

HRFは、3つの個別イベントへの10,000ドルの旅行費助成金を提供することで、政治的な環境の厳しいビットコイン開発者の出席を支援します。受賞者には、先月アトランタで開催された技術的なビットコインカンファレンスであるTabConf、11月にサンパウロで開催されるブラジル最大のビットコインカンファレンスであるSatsconf、および今後開催予定のBerlinでのNixとソフトウェア再現性に特化したBitcoin++カンファレンスが含まれます。

「人権財団は、金融技術のアクセスを促進することに取り組み続けています」と、HRFの金融自由担当ディレクターであるChristian Keroles氏は説明しています。「私たちは、この助成金のラウンドが、特にそれを最も必要とする人々のために、ビットコインをよりグローバルに利用できるようにするための技術的な目標と教育的な目標の両方を進展させると信じています。」

Bitcoin Development Fundは、教育者、開発者、およびミートアップが一年を通じて資金を申請できる場所であり、提案を[email protected]宛に送ることで資金を申請することができます。以下の多くの助成金はすでに支払われており、残りの支払いも間もなく行われます。

助成金、HRF、およびBitcoin Development Fundの詳細については、こちらをご覧ください。