「HTX、3000万ドルのハッキング事件後、BitcoinとEtherのサービスを再開」

「HTX、3000万ドルのハッキング事件後、ビットコインとイーサのサービス再開を発表」

出典: HTX

デジタルアセット交換所HTXは、3000万ドルを失った後、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)などの主要な暗号通貨の入出金サービスを再開しました。

11月26日の発表によると、ERC20ブロックチェーンを介して一部の仮想資産のサービスが復旧され、さらに多くのサービスがまもなく再開される予定です。

「HTXユーザーの皆様、このたびHTXは、HOT、LINK、MANA、NEXO、PRO、LITH、FTT、LOOKS、SUSHI、FET、MATIC、SNX、MKR、AAVE、LINAを含む一部の暗号通貨の引き出しサービスを、ERC20ブロックチェーンを介して再開することをお知らせいたします…」

声明では、大規模なハッキング事件により、コミュニティの参加を促進するためのエアドロップの計画も言及しています。エアドロップは、Rocketsを保有しているすべてのユーザーを対象にしており、1 USDTとして決定され、HT、BTC、ETHなどの主要な資産を保有している場合、チケットの価値が乗算されます。

ハッキング事件が大きな論争を引き起こしたため、交換所は広範な予備資金を持っており、すべての損失をカバーし、今後同様の悪名高い事件を防ぐために調査とセキュリティ強化を継続します。

「設立以来、HTXは100%の予備資金を確保し、すべてのユーザーの引き出しニーズを満たす能力を確保することを信条としています。」

ジャスティン・サンが詳細を明らかにする

関連して、交換所の顧問であるジャスティン・サンは、一連の投稿で、BTC、ETH、TRX、USDTなどの主要な暗号通貨がプラットフォーム上で完全に機能しており、来週までにその他のすべての通貨も復旧することを期待していると述べています。

「ほとんどの作業が完了しており、残りの通貨を数日以内に順次復旧させることを目指しています。すべての作業は来週までに完了する予定です。」

サンは、自身が関与しているプラットフォームの大規模なハッキング事件により、注目を浴びており、多くのユーザーがより多くの安全対策を求めています。

4つの不運な出来事

先週、HTX(旧Houbi)は約3000万ドルをハッキングされ、HECOブリッジ、Poloniex、以前のHTXハックに続いて、別のサン関連プラットフォームが攻撃を受けることとなりました。

HTXはHECOブリッジにおいても同様の事件が発生し、8600万ドル以上の損失が生じました。サンは、Xの両プラットフォームで事件を認め、すべての損失は完全に補償されると述べながら、リスクが特定され、対処されるまで入金と引き出しを一時停止し、完全なサービスを復旧する予定であることを明らかにしました。

今月初め、暗号通貨取引所のPoloniexも1億ドル規模の大規模なハッキング事件に見舞われ、広範なコミュニティ内で騒動を引き起こしました。交換所はすべての損失を復旧することを保証しながら、資産の簡単な返還に対するホワイトハットバウンティとして1,000万ドルを提供し、身元が特定され、刑事手続きが開始される予定であることを明らかにしました。