「HTX、Poloniexの資産は「100%安全」とジャスティン・サンが$200Mハッキング事件の後に発言」

「HTX、Poloniexの資産は「完全に安全」とサン・ジャスティン氏が$200Mハッキング事件の後に表明」

仮想通貨の実業家であるJustin Sunは、先月発生したハッキング事件によるHTXとPoloniexの資産は「100%安全である」と述べています。この事件では、両取引所から2億ドル以上が流出しました。

両取引所は特定の資産の引き出しを開始していますが、いくつかのアルトコインはロックされたままです。ビットコイン(BTC)とトロン(TRX)は引き出しが可能なデジタルアセットです。そのため、過去数週間にわたり、Poloniex上でこれらのトークンのプレミアムがついており、ユーザーはアセットを清算して別のものを引き出すために最大で10%の損失を被る必要があります。

ハッキング事件は、11月10日にPoloniexのホットウォレットから1億1400万ドルが盗まれたことで引き起こされ、その後、HTXとブロックチェーンプロトコルであるHeco Chainから9700万ドルが盗まれました。

PoloniexとHTXの投資家兼アドバイザーであるJustin SunはCoinDeskに対し、「現在、PoloniexとHTXはハッキングから回復し、トークンの再開を逐一行っています。HTXに関しては、USDで95%の資産を回復しました。Poloniexに関しては、資産のUSD価値において85%を回復しました。」と述べました。

さらにSunは、「また、プラットフォーム内のトークンの損失はすでにすべてカバーしたため、HTXとPoloniex上の資産は100%安全です。将来的に利益を上げる必要がありますが、ユーザーの資産は100%安全です。」と付け加えました。

HTXの広報担当者はCoinDeskに対し、「最近の出金は総保有資産のわずかな一部ですが、HTXは安定した健全な運営を続けています。」と述べました。

両取引所で資金を保有しているユーザーの不安を解消するため、HTXとPoloniexは1ドル相当のテザー(USDT)を含むエアドロップを発表しました。スナップショットが取られ、ユーザーは取引所上で保有している米ドル相当のトークンに対して1つのエアドロップトークンを受け取ることができます。

HTXは過去24時間で16億ドルの取引高を達成しました。一方、PoloniexはCoinMarketCapによると8億4300万ドルを達成しました。

Tronブロックチェーンを創設したJustin Sunは、2017年の初めのコインオファリング(ICO)で7000万ドルを調達し、仮想通貨業界で重要な役割を果たす存在となりました。Tronは現在、市場価値91億ドルで11番目に大きな暗号通貨であり、総額79億ドルのロックバリュー(TVL)を持つ2番目に大きなブロックチェーンです。

Tronの成功に伴い、Sunは規制当局の監視を受けました。証券取引委員会(SEC)は今年初めにTRXが証券であると主張し、Sunの法的チームはCoinDeskが入手した裁判所文書によると、今週初めにその訴訟に対する回答期限が延長されました。

編集者:パリクシット・ミシュラ