ビットコインをマイニングを始めるべきかどうかを判断する方法

この記事は、ビットコインマイニングハードウェアのオペレーティングシステムを含むマイニングエコシステムHiveonのコミュニティエンジニアであるKeaton Reckardによる意見記事です。

ビットコインマイニングとは、新しいビットコインを流通させるためのプロセスを指します。マイニングプロセスは、新しい取引を確認し、ビットコインブロックチェーン台帳を取引の不変な記録として維持するために、重要な役割を果たします。基本的に、マイナーはASICハードウェアを使用して複雑な計算問題を解決し、最初に解決策を見つけた人がサイクルがリスタートする前にビットコインの報酬を得ます。

ビットコインマイニングは、時間がかかり、コストがかかり、価格の変動によって報酬が不安定になることがありますが、彼らの努力の報酬としてビットコインを獲得するアイデアに魅了された投資家にとっては強い魅力があります。テックに精通した個人や趣味家にとっては、さまざまな理由で興味深い機会になるかもしれません。

標準銀行預金、不動産、株式などの従来の投資資産とは異なり、ビットコインははるかに高い利回りを提供できます。オイル抽出中に燃焼される天然ガス、アイドル風力タービン、水力発電所や原子力発電所の余剰エネルギーなど、余剰エネルギーを活用することで、環境に配慮したビジネスになっています。

Hiveonの長期予測は、ビットコインの価値がハーフィングの後に上昇するというものです(以下に詳細を記載)。ですから、今はコインを蓄積して将来的にそのお金を増やすことを目指しています。また、将来、ビットコインのようなブロックチェーン技術に基づく代替グローバル金融システムが主流になり、ネットワーク検証者が取引処理から収益を得ることができるようになると信じています。

しかし、マイニングの難易度とハッシュレートが継続的に新しい高値を更新し、手数料が高騰しているため、実践的かどうか疑問を持つ人もいるかもしれません。

ビットコインマイニングは実践的か?

ビットコインマイニングが彼らにとって「実践的」かどうかを判断するには、機器、見込みマイナーは、コストと利益の分析を実施して、ブレークイベンポイントを決定する必要があります。考慮すべき要因には、電力費、ハードウェア費用と効率、時間、ビットコインの市場価値が含まれます。現在のBTC価格(執筆時点で28,190ドル)を考慮することもできますが、将来のBTC価格を推定することもできます。

電力費

この執筆時点では、電力代が1キロワット時(kWh)あたり0.10ドル以下の個人にとって、ビットコインマイニングは利益を生むことができます。

ただし、この価格でのエネルギーへのアクセスは、地域によって大きく異なり、一部の地域では特に安価な電気を提供しています。家庭用電気料金に関しては、イラン、カタール、サウジアラビアなどの中東諸国がビットコインマイナーにとって良い住まいになるかもしれません。一方、デンマーク、ドイツ、英国などの欧州諸国では、ビットコインマイニングは困難な提案となるでしょう。

ハードウェア費用

ASIC機器の入手は比較的容易になりましたが、ASICの価格は数百ドルから5桁の金額まで幅広くなっています。私は最近、英国で使用済みのAntminer S19を見つけ、2,700ポンド(約3,343.38ドル)で販売されているのを発見しました。

市場価値

ビットコインは、2021年11月に最高価格である67,549ドルを達成しました。この期間中、2021年のブルマーケットがピークに達したため、マイナーのビットコイン報酬は現在の執筆時点のビットコイン価格である約27,600ドルよりも自然に法定通貨での価値が高くなりました。しかし、ブロックスペースの実験によるビットコイン取引手数料の上昇により、マイナーは利益を得ています。

利益率計算機は、ビットコインマイニングのコストと利益の比率を評価するのに役立ちます。これらの計算機は複雑さが異なり、わずかに異なる結果を提供する場合があります。

ビットコインマイニングの「他の」理由とは?

しかし、一部のビットコインマイナーにとって、単純なコストと利益の分析が2023年にマイニングが「実践的」かどうかを決定する唯一の要因ではないかもしれません。

マイニングは、ビットコインの分散型取引記録と検証プロセスの重要な側面です。ビットコインマイニングは、任意のデジタル通貨システムに内在する問題である「二重支出」という問題に対処することで、重要な役割を果たします。二重支出は、政府や銀行などの中間者によって物理的な世界で抑制されている偽造のデジタル版です。

ビットコインでは、マイナーが提供する計算労力の大部分に置き換えることで、第三者を信頼する必要が大幅に減りました。中間業者からの自由を維持することに加えて、収益を集めることに対する動機は、一部の人にとってマイニングネットワークへの貢献になるかもしれません。

ビットコインのハルビングサイクルと2024年に期待されること

次の予定されているビットコインのハルビングは2024年4月に行われ、マイニングダイナミックに大きな影響を与える可能性があります。

ビットコインのハルビングとは、新しいブロックのマイニング報酬が50%減少するイベントであり、ブロックを解決するための報酬として得られるビットコインの量が半分になります。ビットコインのハルビングは、210,000ブロックごとに発生し、最大供給量である2,100万ビットコインが発行されるまで続きます。

次のハルビングがビットコインの価格に与える影響は不確定です。一部のアナリストは、新しいコインの供給が制限されるため、価格が前回のハルビングと同様のパターンに従って上昇すると予測しています。ただし、価格の上昇は最終的にビットコインの需要に依存するため、2020年のハルビング以降、市場は大幅に成熟し、多数の確立された暗号通貨がユーザーを競っています。

2023年にビットコインマイニングが収益性があるかどうかを検討する人は、次のビットコインハルビングの影響を計算に入れることが望ましいでしょう。

難しいが不可能ではない

収益性の高いビットコインマイニングは課題ではありますが、不可能ではありません。現在の時点ではビットコインの価格は比較的低く、Antminer S19は最大電力コストが1kWhあたり$0.10であっても収益性があるため、英国のような地域は除外されますが、電気代が安い地域は多数あります。自然に、再生可能エネルギー源(特に太陽光発電)は収益性を向上させるのに本当に役立ちます。世界が石油やガスから再生可能エネルギー源に移行するにつれて、再び電力価格が下がることを期待しています。

安い電気代、急速に進化するビットコイン、そしてハルビングのような今後のイベントは、ビットコインマイニングの収益性を考える際に考慮すべき多くの要因の一部です。

この記事はKeaton Reckardさんによるゲスト投稿です。表明された意見は、BTC IncまたはBitcoin Magazineのものではありません。