規制当局の監視の中で、Horizenはプライバシーコインの名称を廃止します

Horizen(ホライゼン)は、レイヤー0のブロックチェーンを自称するプライバシーコインのラベルを、グローバルな規制当局の監視に対応するために廃止しました。

この決定は、規制当局からの圧力によるものです。仮想通貨取引所のHuobiは、9月にいくつかのプライバシーコインを上場廃止し、さまざまな管轄区域で規制を遵守するための措置を取りました。また、欧州銀行監督機構は、3月に公表した草案ガイダンスで、これらのトークンに関連するマネーロンダリングリスクを強調しました。

ホライゼンはツイッターで、「メインチェーンのシールドプールが廃止されたことにより、Zen(ゼン)はもはやプライバシーコインとは見なされなくなります」と記述しました。「私たちは引き続き、取引所パートナーと協力して、ZENをグローバルユーザーに利用できるように努めています」とも述べています。

現在、このトークンはCoinMarketCapによると、BinanceとCoinbaseで流動性を維持するための取引ペアが苦戦しているものの、7.09ドルで取引されています。

ホライゼンは、仮想通貨ヘッジファンドGrayscaleのHorizen Trustに支えられています。Horizen TrustはCoinGlassによると、約430万ドルの価値があります。GrayscaleはDigital Currency Groupのグループ会社であり、Kocooの姉妹会社です。

シェルドン・リーバックによる編集。