HorizenとAurosが力を合わせ、EONと$ZENトークンの大量採用を推進する

Horizenは、主要なレイヤー0パブリックブロックチェーンの1つである2021年6月13日、グローバルなアルゴリズムトレーディングおよびマーケットメイキング企業であるAurosとの戦略的パートナーシップを発表し、EONエコシステムのローンチに備えて$ZENの採用を促進することを発表しました。

Horizonの声明によると、両社の結束は、Horizenの新しいEVM互換スマート契約プラットフォームであるEONの成長を加速することになります。これにより、中央集権化および非中央集権化取引所の両方で使用できる$ZENトークンの流動性が向上し、トレーダー、DeFiユーザー、および開発者に機会が増えます。

Horizenは、現在は$ZENトークンに焦点を当てていますが、将来的に関連するEONベースのプロジェクトに対して個別のサポートを提供する意図があることを強調しています。

AurosがHorizenのEONプラットフォームに流動性を提供

アルゴリズムトレーディングおよびマーケットメイキングを通じて取引所や暗号通貨プロジェクトに豊富な流動性を提供することで知られるAurosは、Horizenの目標達成に必要な流動性を提供すると述べています。

AurosのCIOであり共同創業者であるBen Roth氏は、トークンの流動性は革新的なスマート契約プラットフォームのユーティリティと潜在能力を引き出すのに不可欠であると強調しました。

彼は、このパートナーシップは「分散型エコシステムにとって重要なステップであり、新しい希望をもたらすもの」と述べ、ユーザーや暗号通貨エコシステムにより多くの価値をもたらすプロジェクトの開発に協力することになります。

一方、Horizenの共同創業者であるRob Viglione氏は、Aurosと協力することに興奮を表明し、Aurosの個別の流動性ソリューションに関する専門知識を強調しました。これにより、「トレーダーやDeFi愛好家にとって最高のプラットフォームであるEONの成長を促進し、ユーザーにより多くの価値を提供し、シームレスな取引体験を実現することができるようになる」と述べました。

「アルゴリズムトレーディングおよびマーケットメイキングサービスのリーダーであるAurosと協力することを光栄に思っています。彼らの個別の流動性ソリューションの専門知識は、間違いなくEONエコシステムを強化するでしょう。」

現在、両社は、急速に成長する業界により多くのユーザーを引き付けるために分散型ファイナンスの開発を推進することに取り組んでいます。