香港のHSBCは、ビットコインETFの取引を顧客に許可し、従来の銀行の姿勢の変化を示しています

香港の主要金融機関であるHSBCは、顧客がビットコイン上場投資信託(ETF)を取引できるようにすることで重要な動きをしました。これは、HSBCがこれまでビットコインに慎重だったことを考えると、伝統的な銀行のビットコインに対する姿勢に注目すべき変化をもたらします。

Kocooによる報告によれば、HSBCが顧客にビットコインETF取引を許可する決定を下したのは、他の銀行がこれを許可するようになったことが数件あった後のことです。特に、Samsung Asset Managementはシカゴ・マーカンタイル取引所でSamsung Bitcoin Futures Active ETFを立ち上げました。それ以前に、同じプラットフォームでCSOP Bitcoin Futures ETFが立ち上げられ、初期投資額約5,300万ドルを集めました。

HSBCが顧客にビットコインETF取引を許可する決定を下したことは、米国におけるビットコインETFへの機関投資家の関心の高まりの中で行われたものであり、これらの商品で資本を誘致するために国々の間で競争が発生する可能性があります。

これらの動向は、金融機関のビットコインに対する考え方が変化していることを示しています。伝統的な銀行がビットコインを受け入れ始めることで、ビットコインを主流の金融システムに統合する可能性があることを示しています。これに対するメリットは議論の余地がありますが、表面上はこれらの動きがそのように示唆しています。ETFは人気の投資手段であり、ビットコインETFの導入により、機関投資家が規制された枠組み内でビットコイン市場に参加する新しい機会が開かれます。これには、ビットコインが価値あるものになるために必要な多くの特性が失われるという代償が伴いますが、機関投資家は規制の枠組みを好み、BlackRockのような企業に信頼を置く傾向があります。当然、MicroStrategyのように自社でビットコインを保有する企業もあります。