香港、HSBCとスタンダード・チャータード銀行に暗号通貨顧客へのサービス提供を求める圧力をかける

香港の暗号通貨革命を取り込むことを目的とした大胆な動きにより、同国の銀行規制当局は、HSBCやスタンダードチャータード銀行などの主要な金融サービス企業に対して、暗号通貨取引所をクライアントとして受け入れるように大きな圧力をかけていると報じられています。

金融タイムズが木曜日に報じたところによると、香港金融管理局(HKMA)は5月に中国銀行を含むこれらの銀行に、暗号通貨取引所をクライアントとして受け入れないことについて質問しました。

特に、中央銀行規制当局は、先月の会議の数週間前に、この問題について積極的な姿勢を既に取っていました。

4月27日付けの書簡によると、HKMAは金融機関に新しい市場動向に注意を払い、暗号市場のような新興セクターに対して野心的な戦略を採用するように促しました。この書簡は、銀行が暗号通貨企業や他の仮想資産サービスプロバイダー(VASP)の成長を促進するために、重要な銀行サービスへのアクセスを確保することを明示的に命じました。

規制当局は、新規顧客に対するデューデリジェンスを行うことが、特にこの地域の機会を探る目的で香港にオフィスを設立する実体にとって、過度な負担を負わせるべきではないと、銀行に保証しました。

「潜在的な顧客に対するデューデリジェンスは、」特に「ここで機会を探すために香港にオフィスを設立する人々にとって」、「過度な負担を負わせるべきではない」と、書簡には記されています。

香港は銀行に恐れを抱かないように促す

香港の中央銀行規制当局は、銀行がVASPにサービス提供をしないようにと助言するとともに、VASPにサービスを提供することに懐疑的な従来の銀行システム内の上級幹部からの強い反対を強調しました。

意思決定者からのこの懐疑論は、銀行業界内の暗号関連企業の顧客をより包括的な環境で育成するという国のビジョンにとって、重要な課題を提起しています。

香港は暗号通貨のグローバルハブを目指す

この新しい動きは、同国がグローバルな暗号通貨の中心地になるという野心に合致しています。香港証券・先物取引委員会(SFC)は、6月1日に、地域の小売顧客にサービスを提供するために、暗号取引プラットフォームからのライセンス申請を受け入れることで、重要な一歩を踏み出しました。

この先進的な措置は、同国が暗号関連ビジネスに適した環境を育成する決意を示しています。

暗号空間の主要プレーヤーを引き付けることにより、香港は暗号関連ビジネスの主要な目的地としての地位を固めることを目指しています。

多くの企業がすでに国内の顧客に製品提供をするために、適切な機関に登録するための申請を行っていますが、香港政府は暗号関連企業に特別な扱いを期待しないように警告しています。

5月9日のKocooのレポートによると、HKMAのEddie Yue Wai-man総裁は、ブルームバーグのインタビューで、同国が暗号通貨に厳しい規制を課すと述べました。