小売CBDCは独自の価値を追加しうるが、より詳しい調査が必要と香港中央銀行は述べています

「小売CBDCは独自の価値を付加する可能性がありますが、香港中央銀行はより詳細な調査が必要であると述べています」

  • 香港金融管理局はCBDCパイロットの第1フェーズに関するレポートを公表しました。
  • レポートによると、e-HKDは支払いエコシステムに独自の価値を追加できる可能性がありますが、さらなる調査が必要です。

香港金融管理局は、小売中央銀行デジタル通貨(CBDC)が支払いエコシステムに価値を追加し、新たな経済取引を可能にする可能性があると述べましたが、大規模な実地適用や実生活への応用にはさらなる調査と評価が必要です。これは、香港金融管理局によるパイロットプログラムの第1フェーズ後に公表された報告書に記載されています。しかし、香港が仮想資産のハブとなることを目指す意欲は、6月に新たな規制体制を導入して以来明らかになっていました。8月には初めての暗号通貨取引プラットフォームのライセンスが与えられました。香港金融管理局は、2021年に「プロジェクトe-HKD」として知られる実行可能性調査に着手しました。

報告書によると、このパイロットではe-HKDがプログラム可能性、トークン化、および原子的決済の3つの主要な領域で価値を追加できることが確認され、より迅速かつ効率的で包括的な取引を促進する可能性があると述べています。ただし、報告書によると、プログラムでは制御された環境下で小規模なスケールで16の参加企業と14のパイロットが実施されました。

報告書は、「e-HKDの発行を実現するためのこのような独自の価値の実現の潜在的な可能性と前提条件は、市場の発展とさらなる調査によって左右される」と述べています。また、「パイロットで特定された軽微な摩擦は、本番環境でのユーザーにとってより顕著または受け入れがたいものになる可能性があります」とも述べています。

パイロットの第1フェーズでは、完全な支払い、プログラマブルな支払い、オフライン支払い、トークン化された預金、Web3トランザクションの決済、およびトークン化された資産の決済に取り組んでいます。香港は今後「e-HKDの新たなユースケースを模索し、一部のパイロットに深く突っ込む予定です」。

これには、e-HKDが商品やサービスの新たな取引方法を促進する役割を理解することが含まれますが、同時に金融安定性も確保する必要があります。

香港金融管理局の小売CBDCに関する立場は、国際的な議論の中間にあるようです。アメリカはCBDCに関して大きな決定を下していませんが、その話題は大統領選挙の論点となっています。インドは小売CBDCの計画を進めており、オーストラリアは未解決の問題があるため、CBDCが数年後になる可能性があると述べています。

詳細はこちら: 香港、スポット暗号通貨とETF投資に対する姿勢を転換、ただし条件付き

編集:シェルドン・リバック