Hive Blockchainは、AIに重点を置くように方針を変更し、Hive Digital Technologiesとしてリブランドします

Hive Blockchain will rebrand as Hive Digital Technologies, with a focus on AI.

画像の出典: Hive

有名な仮想通貨マイニング企業Hive Blockchainは、Hive Digital Technologiesとして自社のブランドを変更し、人工知能に焦点を移しています。

このカナダ、バンクーバーに拠点を置くマイニング会社は、ブロックチェーンという言葉を社名から外すことは、収益機会としてのグラフィックス処理ユニット(GPU)とクラウドコンピューティングに対する進化する重点をよりよく反映するための意図的な選択であると述べています。

同社は、大規模なGPUのフリートとAIの進化を推進する使命を活かし、新しいWeb3エコシステムの成長を支援するために活動する予定です。

ハイブCEOのアイディン・キリクは声明の中で、「GPUクラウドビジネスを拡大するにあたり、ビジネスの両面をよりよく反映する戦略が必要です。ブロックチェーンだけでなく、新興デジタルテクノロジーのインフラを構築し、大規模なGPUフリートを利用してクラウドホスティングビジネスを成長させるつもりです」と述べています。

「AIと機械学習が、将来的にGPUコンピューティングへの需要を大きく牽引すると考えています。」

この新しい方向性の一環として、Hiveは3万8000台のNvidia GPUを活用し、中小およびVoAGI規模の企業に大手クラウドサービスプロバイダーに対する効率的な代替案を提供する計画です。

HiveがAIに焦点を移す決定は、高性能コンピューティングパワーへの需要の増加に基づいています。

ChatGPTなどのAIモデルの台頭は、高性能GPUおよび関連するクラウドサービスへの需要の急増をもたらしました。

その結果、同社は既存の仮想通貨向けGPUの一部をAIやコンピュータビジョン、生成的グラフィックデザインなどの隣接アプリケーションに再利用する機会を見ています。

ただし、仮想通貨マイニングからAIへのコンピューティングパワー提供への移行には、課題もあります。データセンターは通常、これらの異なる目的に合わせて設計されており、移行はより複雑になります。

Bloombergの報告書によると、Bitpro Consultingによれば、既存の仮想通貨向けGPUの5%から15%しかAIや関連アプリケーションに再利用できないと予想されています。

最新の価格急騰にもかかわらず、ビットコインマイナーは困難に直面しています

Hiveのこの戦略的な転換は、ビットコイン(BTC)マイナーが最近の価格の急騰にもかかわらず、多くの障害に直面している時期に行われました。

上昇する電力コスト、増加する競争、厳しい規制が、ビットコインマイニング企業の株価に影響を与えています。

さらに、ビットコインマイナーは、ビットコインマイニングの報酬が半分になる予定のハーフィングにより、さらなる課題に直面することになります。

「効率の低いマイニングオペレーションを持つマイナーの約半数は苦境に立たされるでしょう」と、Hashrate Indexの仮想通貨マイニングアナリストのヤラン・メレルド氏は述べています。

仮想通貨マイニング業界へのさらなる打撃として、テキサス州のビットコインマイナーは先月、熱波とそれに続く電力価格の急騰により運営を停止せざるを得ませんでした。